福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2009年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
2月4日 魂ラジレポート
福山雅治、若き日の赤面発言!
ジャスフォーまで、ついにあと3日!と迫った福山さん。
2009年お正月の魂ラジでは、
S「いやぁ…人間って案外、成長しないもんだなぁ」と話していた荘口さんに対し、
F「俺は大分成長したよ!?」と自身の成長をアピールしていた福山さんでしたが…

前回の魂ラジでは、デビュー20周年目になる福山さんの、
「明らかな」成長ぶりが明らかになったのでした。

さて、デビュー20周年であり、福山雅治ジャスフォーイヤーであると同時に、
今年は、魂ラジも10周年目を迎えます。
しかし、当前ながら、最初から今の体制だったわけではありませんでした。
今でこそ、魂ラジには欠かすことのできない存在となった福山さんの相方、荘ちゃんも、
「いつの間にか毎週来るようになったよね、“気付けばいた”って感じ(by ましゃ)」であり、
番組の雰囲気も今とはだいぶん違っていたようです。
なにせ、10年前と今とでは喋り手である福山さん自身が大違い。
F「今ほどゆるキャラじゃないですよ!もっと尖ってました!!」
というのですから。

では、相方の荘口さんさえも知らない、デビュー当時の「とんがってた」頃の福山さんは、
一体どのような様子だったのでしょうか。
そこで、番組ではラジオの前のあなたに向けて
「福山さん…あなた、過去にこんな凄いこと言ってましたよ!!」
という、福山語録を大募集しました。

すると…とたんにメールが殺到!
その即レス具合はまるで、当時の福山さんの発言がいかに衝撃的&印象深かったかを
物語っているようでした。
それでは、荘口さんはもちろん、福山さん本人も思わず抱腹絶倒してしまった赤面発言の数々をドドンとご紹介します!

“景気のいい話”のコーナーでも、「俺はでっかい幸せしか狙ってないから!(笑)」と話していた福山さん。その野心ぶりがデビュー当時の発言では、より顕著です。

○ラジオネーム:クラッシ
「会報にて、ドラマ出演に際しての福山さんの発言です。
F『なんと福山、ドラマ出ます。どんなもんやろって。“そんなに魅力的なもんなわけ?”って。
じゃ、いっぺんやってみようかなってね…まぁ、みんなも福山がどんだけのことやれるか期待しててよ。
オレはオレだから。』
今の福山さんからは想像できないオレ口調。しかも「〜だぜ」キャラ!?
キャラ設定の段階から迷っていらっしゃったのでしょうか。」

○ラジオネーム:ちぇりーぶろっさむ(倉敷市)
F『分かりやすい、よまれるようなやつにはなりたくない。捉えどころがない人でありたい。』
F『俺ね、ボブマリーと誕生日が一緒で、ジェームスディーンと2日違いなんだ。
こりゃ、もうやるしかないでしょ!』
F『まだ完成されてしまいたくない、という子供ゆえの完璧主義がいまだにあるから、
オレって。』

○日向子(16歳 京都府)
F『チケット即日完売目指して気合を入れたい。
まず手始めに、チケット発売日からパチンコ断ちする。俺にとってパチンコと離れることは肉親と離れることより辛いのだ。だがやる。俺はやる。』

○ピヨキチ(広島)さんからは、
「雑誌ViViにて。F『上には上がいるからね、下剋上が俺のテーマ。』」

かなりの強気発言!!
もしかすると、当時はこのイケイケぶりがファンをしびれさせていたのかもしれません。
また、今でこそ小学生からお年寄りまで広いファン層を持つ福山さんですが、
デビュー当時はというと…

○まいまい(千葉県)
「F『ステッカーとか作りたいよな、バスタオルとかよ。E.YAZAWAみたいな。
族の兄ちゃん、ネエちゃんに使ってもらえたら嬉しいね。』
…どんなファン層を狙っていたのでしょうか。言葉づかいも今とは大違いです(笑)」

○ラジオネーム:カオリン(長野県)
「92年のホームワーク出演時の雑誌JUNONでの一言です。
F『人気?すぐに終わるでしょ』…彼はサラリと言った。という一行。
バックの写真は、サングラスかけてて煙草すってて、いかにも上から目線って感じで。
当時高校生だった私にはインパクト大でした!」

と、とても万人ウケはしづらいキャラだったようです(^_^;)
リスナーから続々と送られてくるこうした若かりし日の突っ張り発言に、
福山さんは…
F「彰久、あんた笑いすぎ!…突っ張っとったんやぁ。
一応、当時のアミューズサイドが“不良っぽく”っていうのがあったからね!」
と、あくまでも「言わされてたんだ」を強調してみせます。

では、恋愛観についてはどうだったのでしょうか?

○ありさ(16歳 兵庫県)
「1999年ファンクラブの会報にて、Hの時に声を出すかどうかを質問された際の発言です。
F『うんうん。わざと出してみたりするよね。俺、わざと出す派なんだ。』
びっくりしました〜。これからも頑張ってください。」

○なつみ(高2 栃木県)
「96年の雑誌JUNONの雑誌インタビューで、「女の子に“ついて来い!”って言ったことは?」の質問に、
F『ないない。“ホテル行こう”、とかはあるけど。』
と言っていましたよ。あぁ、やっぱり行くんだ、、なんて思ったり、あたしを連れてってなんて思ったりしてました。」

○ラジオネーム:あやね(15歳 北海道)
「92年の雑誌ポポロで、恋人について聞かれた福山さん。
F『「自分の夢追いかけたいからお前と別れる」とか言ったら、「ふざけんじゃないわよ、あなた何様だと思ってんのよ」くらい言う子がいいよね。それくらい強烈に言われたら、「そうですね、あなたを捨てるなんてとんでもないですよね」なんて謝っちゃいそうだもん。』
って、タバコ加えてギター弾きながら載ってました〜」

○まなみ(17歳 長野県)
「「女の子の前で泣いたことある?」の質問に、
F『それは絶対泣かない。ジョーダンじゃねえ。んなもん、ションベンひっかけて帰ってくるよ。
家の前でウンコしてやる。で、ウンコして帰ってから家で泣く(笑)』
と答えてました。今もこの気持ちに変わりはありませんか?あたし的には、カワイイと思います★」

当時のこうした発言に、今となっては「抱かれたい男」「結婚したい男」など
女子からの人気を不動のものにした福山さんも…
F「ほら、やっぱ女の子ってのは、こういうイケイケの男に弱いから(笑)」
と、さすがにタジタジのご様子でした。

他にも、F『俺は日本の宝だ!』や、
F『男でこの僕の魅力に気付くなんて、よっぽど感がいいというか、見る目があるというか、
いいやつに違いないと思う。』
など、リスナーによって暴かれた若き日の福山雅治衝撃発言。

これには当の福山さんも、
F「俺、エライ発言してるなぁ…俺、こんなこと言ってたっけ!?笑」
と驚きの連続でした。
とはいえ、こうした恐いもの知らずの発言もかなり“凄い”ですが、
F「でも、何がすごいかって、俺を応援してくれるあなたが凄いです!
だって普通、こういうこと言ってるヤツについて来ないよ!
“あほ”を通り越して、“クレイジーましゃ”だよ(笑)」

そう言って、改めてラジオの前のあなたに感謝した福山さんなのでした。

さて、来週の魂ラジは、『福山雅治バースデイスペシャル!!』
前日に40歳を迎えたばかりの福山さんに、今の心境を直撃します!
ただいま番組では、ラジオの前のあなたからの、福山さんへのメッセージを募集中です。

メールは
masha@allnightnippon.com
お待ちしています(^_^)y




投稿時間:2009-02-04 19:33:02
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.