福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2009年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
1月26日 魂ラジレポート
福山雅治、“あたらしいうた”にこめた思い@
11月8日の放送、福山さんからいきなり

F「ドンデン山に行ってきました」

なんて報告があったのを覚えていますか?
「ドンデン山?なんで?っていうかどこ?」と思った方も多かったのではないでしょうか。
あのときは『CMの撮影』としかお伝えできませんでしたが、あのドンデン山での撮影が、
先日から放送されているダンロップのCMとして形になったのです。

福山さんも
F「強風吹きすさぶ中での撮影でしたからね」

福山さんのマネージャーさんも
「ちょ――――寒かったんですよ!」

と言っていた佐渡島での撮影。
苦労の甲斐あって、リスナーのみなさんからも
「ましゃ、ちょーかっこいい!(*´Д`*)」
と大変ご好評いただいております。

そしてそのCMで流れている、書き下ろしのインスト
『アンモナイトの夢』
が、先週の魂ラジで満を持して宇宙初フルぶっかけされました!!
この『アンモナイトの夢』、福山さんのインストとしては珍しいゆったりした楽曲。
リスナーからも「癒されました!」「寝る前に聞きたいです」とたくさんのご感想をいただいきました。

○ラジオネーム:あゆみ(東京都 18歳)
「アンモナイトの夢、素敵です!!大地のようなアコギ、吹き抜ける風のようなエレキ、CMのロケーションにバッチリはまってますね!!」
F「・・・うまいこと言うねえ!」

○ラジオネーム:さとこ(東京都 21歳)
「アンモナイトの夢を聞いて、感謝祭のドキドキが蘇ってきました!ましゃはインストを作っても何を作ってもかっこいいですね!」
F「・・・じゃあカレーでも作ってみようかな」

フルぶっかけ直後から続々と感想が届く中で、意外と多かったのがこの質問。

「アンモナイトって何ですか?」

ここはぜひ福山先生にお答えいただきましょう。

F「アンモナイトっていうのはねぇ・・・貝?もういなくなっちゃったんだよね?・・・まぁ百科事典見てください。え?百科事典がない?・・・じゃあ描きましょうか。」

と、あやふやな説明をフォローするため、約10ヶ月ぶりに(※カステラマンぶりに)福山画伯が筆を取りました!

F「・・・これじゃロールケーキじゃない?ていうかますます混乱を招くよね、この絵じゃ」

何度か描き直しを加えた福山画伯の『アンモナイト』
この絵のおかげでニッポン放送のサーバーが全体的にダウンするという威力を持った絵でもあります。ぜひご覧ください。
あ、『海』の字がやや怪しいのは、

F「いいのよ!伝わればなんでも!」

ということでお許しくださいね(^^;)
このアンモナイトを描きながら福山さんが語ったのは、『アンモナイトの夢』の誕生秘話。
CMのコンテを見ながら作ったというこの曲、実はタイトルに隠された福山さんのいろんな想いがあったのです。

F「これは、石油になった生き物たちの歌なんです。」

石油は動物や植物といった生き物の死骸が堆積してできた化石燃料のひとつ。
道路の原料にもなるし、福山さんのCMするタイヤの原料でもあります。
人々の関心が地球環境に向いている今、化石燃料を使用して道路を作ったり、タイヤを走らせたりすることに懐疑的な風潮があるのも事実。

F「でも、ダンロップのタイヤっていうのは、化石燃料をたくさん使ってなかったり、ダンロップで森を作ろうっていうキャンペーンを行っていたりするんです。タイヤという製品のためだけじゃなくて、そういったことも含めてあのCMがあるんです。」

そして、『道標』のテーマでもある“いのちをつなぐ”ということ。
『アンモナイトの夢』にも、このテーマは息づいているといいます。

F「我々の今の暮らしや経済っていうのは、過去に生命だったものが化石燃料となって、車作って、道路作って、物流に変わって・・・っていうことに支えられているわけじゃないですか。でも、そうやって生活を便利にするはずのエネルギーに、我々は今翻弄されてしまっている、という事実もあるんですよね。かつての生命が、我々という命を支えている。我々はじゃあこの先、未来に向けて何ができるんだろう?と。そして、いま我々のエネルギーになっているものが夢を見たら、どんな夢をみていたのか?いまのような状況を想像していたのか?というのがこの曲のテーマなんです。」

『道標』よりも、ずっと長い命のリレーをイメージした『アンモナイトの夢』。
命のつながりに感謝の念を持ちつつ、私達はそのつながりの責任を果たせているのかと投げかける曲でもあるといいます。
荘口さんも思わず感心してしまう曲づくり秘話を披露した福山さん。
明日の魂ブロでは、そんな福山さんの“音”に対するこだわりをお伝えしていきます。
明日からの更新もおたのしみに!
投稿時間:2009-01-26 22:13:27
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.