福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2009年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
1月14日 魂ラジレポート
福山冬の大感謝祭を振り返るA
ある日の魂ラジ放送前スタッフルーム。
何の気なしにつけていたテレビから、聞こえてきたのは我らが福山さんの声…。
「あれ?今日テレビ出演予定ありましたっけ?」
とか言いながらテレビに目をやると、海パン一丁で小島よしおさんの真似をする福山さんの姿が!!!(゚Д゚)

…みなさんもうおわかりですよね?
それは福山さんではなく、福山さんのモノマネをする“みっちー”さんという芸人さんだったのです。

「福山さんと、大山英雄さん(※元祖・福山さんのモノマネをする方です)と3人で共演したらおもしろいですよね」
「いやいや、それは無理でしょ!まずありえないよ」

なんて会話がなされていたのはつい最近のこと。
さらにみっちーさんがテレビに出演なさるたび、リスナーからも

「ましゃ、今日ましゃのマネしながら小島よしおごっこしてる人がテレビに出てました!…実際アリなんですか?」

なんてメールが続々と届いていたのも事実(^^;)
“最もモノマネしやすい有名人”に名を連ね、数々の芸人さんや有名人にモノマネされてきた福山さんですが、
たしかに、みっちーさんの芸は「…アリなんですか?」と言いたくなるのも納得かもしれません。

まさか、そんなリスナーの予想の斜め上を行くようなことが年末の大感謝祭で起こるとは、この時点では誰も想像していないのでした…。

2008年12月31日23:00 横浜アリーナ
大興奮の渦に包まれてはじまった「福山 冬の大感謝祭其の九」
福山さんと一緒にあたらしい年を迎えるべく、わっしょいの向こう側に達したリスナーと
数々の仕込みを携えステージに立った福山さんが再会。

2009年1月1日0:00
空から舞う大量のふくやま風船に包まれ、横浜アリーナも2009年を迎える。
新年一発目の曲「HELLO」で会場の熱気も最高潮に。

その後、福山さん08年活動報告VTRに、みっちーさんと大山さんがナレーションで登場。
福山さんの2008年の思い出に彩りを加える。

2009年1月1日某時
新曲『道標』も披露し、会場のそこかしこですすり泣く声も。

そして、アンコールでは、来場者全員に配られたピンクのサイリウムで会場がひとつに…。

そんな感動の最中、サイリウムを効果的に見せるために暗転していた会場が明るくなる。
…とステージ上に湯川先生が3人!!!

その異様な光景に、サイリウムで目がおかしくなったんかと勘違いする人も続出したとかしないとか。
それはまるで、『容疑者Xの献身』で、湯川先生が分裂した時さながら。
そう、白衣姿の福山さんがステージ上に3人…ではなく、大山さんとみっちーさんが「俺たちだけの紅白」とばかりに登場したのでした。

思いがけない3人の福山さんの登場に、会場はびっくり&大歓声。
さらには“ざ・たっち”さんのモノマネをしながら3人ぐるぐる回って「どれが福山だ?!」なんて言い出すから、ファンのみなさんはもちろん、相方荘口さんまでも
S「そこまでやっちゃうんだ…!」
とある種の感動を覚えたそうです。

福山さんも

F「俺の…夢だったんだ…」

と遠い目をして語るこの演出ですが、福山さん以上にこの演出を夢見ていた方がいらっしゃったのです。
それが、3人目の福山雅治である、みっちーさん。

そんなわけで時間を
2008年12月31日 福山冬の大感謝祭リハーサル時点 まで巻き戻してみましょう。
場所は、横浜アリーナ 出演者控え室。
福山さんによれば

F「この時点でみっちーさんからサイン攻めにあってたんです。」

とのこと。11年前に買ったというボロボロの「Heart」のCDを持参し、そのアツい思いと引き換えに福山さんのサインをゲットしたみっちーさん。
その時点でやや泣きそうになっていた…とは福山さんの談。
元祖福山雅治・大山英雄さんも

「お前何しに来てん!」

というほどひとりのファンと化していたんだとか。

そして
2009年1月1日某時
「どれが福山だ!」
なんてことをしたあと、3人で自己紹介(…といっても全員福山雅治ですが)をして軽くお話をしているとみっちーさんの目がウルウル…。
福山さんが

F「泣きそうじゃん!!」

なんて言ったが最後、みっちーさんの目からはとめどなく溢れる涙・涙・涙…!
それは福山さんに

F「もう誰にも似てないよ!!」

と突っ込ませてしまうほど。
そしてそれからの横浜アリーナは、完全なるみっちーワールドに。

F「僕が1年間かけてやってきた『容疑者Xの献身』というプロジェクトの集大成であるあの舞台…。最後に持ってったのはモノマネの方ですよ!(笑)」

会場にみっちーコールが鳴り響き、みっちーにライトがばーんと当たったあの瞬間…

F「あの時、“福山雅治のモノマネのみっちー”から、“ひとりの男・みっちー”になったよね」

と福山さんが言うとおり、みっちーさんが誰よりもアツい年越しを迎えていたことは間違いありません。
そんなアツい年越しの仕掛け人・福山さんはそんなみっちーさんの様子を見て

F「もうお一方俺専属のモノマネ芸人さんが出てきたらいいよネ!それでステージで共演していただきたいなー。それが俺の…夢なんだよね…」

2009年頭に発表された福山さんのあたらしい夢。
果たして叶う日は来るのでしょうか?!(^^)
投稿時間:2009-01-14 22:20:47
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.