福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2008年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
10月23日 小原信治の草の根広告社
収穫の秋と未来世紀シェイクスピア
 
 こんな珍しい仕事してるのって、魂ラジリスナーの中で私だけ?って人がいたら教えて下さい、と先週書いたところ、早速届きました。いるんですね、魂ラジリスナーの中に、こんな人。神奈川県のちえこさんは「僧侶の妻」。お寺には経理部も人事部も総務部も存在しないということで、経理事務から掃除を手伝って頂くパートさんの面接まで、およそお寺の仕事で僧侶さんがやらないことは全部ちえこさんがやっているんだそうです。しかも、お檀家さんがいつお寺に尋ねて来られるか分からないし、”万が一”の連絡は昼夜問わず入って来るので、夜もあまり熟睡できないとのこと。プライベートで出掛けられるのは、お葬式のできない友引の昼間だけなんだそうです。うん、これから番組中にお寺関係で疑問にブチ当たった時は教えて下さい。
 そして、埼玉県のめぐさんは、某建設会社にお勤め。なんと、今は「山手通りの地下60メートルに高速道路を作っている」んだそう。現場にはエレベーターもない為、ヘルメットに作業服、安全靴に身を包み、階段で地下60メートルを行き来。世間では「談合の根源」とか「環境にやさしくない」「高速道路なんて不要じゃないか」などと叩かれ、悪いイメージがつきまとう業界ではあるけれど、みんなで「いい構造物を作ろう」「世の中が便利になるものを作ろう」と日夜頑張っているそうです。開通は再来年の春。完成した時にはまたメール下さいね。
 それと、さつまいも、じゃがいも、しょうがのレシピもたくさん頂きました。
この場をお借りして、ありがとうございました。早速試させて頂いたものもあ
りますので、今週の「小原くんは最近何してるの?(福山さんのマネで)」とともにご紹介します。

某月某日
農業企画(発表まであと少し!)の為に都内近郊でやっている我がチームの畑へ。
初めての収穫はコカブ。あと、間引きした人参と大根。その場で井戸水で洗って齧る。コカブ甘い!そしてジューシー!生まれて初めて自分たちで作った野菜(ちなみに僕自身は土作りを担当。夏の真っ盛りにひたす雑草を抜き、生まれて初めてのトラクターに乗ってフカフカの土になるよう耕した)は、今ままで食べたどんな料理よりもうまい気がした。とはいえ、農業もやはりモノ作り。知れば知るほど、もっとこうすればよかった、ああしとけばもっとうまくなったんじゃないか、と欲が出て来る。でも、チャレンジできるのは通常一品種、一年に一回。しかも、気温・天候などで制作環境は毎年変わる。だからこそモノ作りとしてはおもしろいんだということを改めて実感。のめり込みそうな予感がびしびしする。大量に収穫できたので、穫れたてコカブを段ボールに詰め、実家へ送る。自分たち以外の誰かに食べて貰いたくなったのだが、息子が東京でテレビやラジオを作っていると思っている両親はいきなり息子から「僕が作った野菜です」という一筆とともに大量のコカブが送られて来たらどう思うんだろう?
 僕自身も自宅に持ち帰り、早速先週手に入れた「ぬか漬け美人」でコカブと若い大根をぬか漬けに。コカブとベーコンのコンソメスープも作り、缶ビールでささやかな収穫祝い。んでもやっぱ、ビールには洗っただけの生コカプが一番うまい。だって畑の味だもん。

某月某日
自宅でひたすら「未来世紀シェイクスピア」の脚本書き。既に第一話、第二話を撮り終え、次の撮影に入っている。来週には放送が始まる。今何話を書いているかはちょっと言えないけど、いつもながら追いつかれそうで焦る。追い抜かれそうで困る。どでかい鉄球に追われるインディージョンズの気分で毎日を生きている。現場で役者さんや監督が「もう全部撮っちゃったよ。次まだ?もう撮るもんないよー」と怒っている夢を見る。テレビをつけたら放送時間に放送するものがないという夢を見る。毎度のことだが、そんな風にしてテレビドラマというのは書かれている。そんなインディージョンズな気分にもかかわらず、気分転換もかねてキッチンへ。たまったじゃがいもをなんとかするべく、
今日はラジオネーム Mさんから頂いた「塩肉じゃが」に挑戦。

材料はじゃがいも大3個、豚バラ肉200グラム、長ネギ2本(タマネギでも可だそうです)。

作り方は超簡単レシピ。じゃがいもと長ネギを炒めて、油が回ったら豚肉を投入。火が通ったら酒大さじ3と水2/3カップを入れ、中火で煮立たせたら塩小さじ1弱を加え、蓋をして弱火で15分ほど煮れば出来上がり。

 肉じゃがって醤油が濃かったりしてこってりするので、実はたくさん食べられないイメージだったけど、この「塩肉じゃが」はあっさりしててGOO!僕ぐらいの男の人は案外こっちの方が好きかも。メールをくれたMさん、どうもありがとです。

某月某日
脚本書きの最中にプロデューサーから電話。「小原さん、頂いたホン、おもしろいんですけど、まだ長いんですよ」「分かりました、短くして送ります」で、再送。また電話が鳴る。「小原さん、記録さんの読みだとまだ…」「おかしいな。僕の読みだとちゃんと時間内に収まってるんだけどなぁ…直して送ります」で、またまた再送。で、またまた電話。「小原さん、まだ…」「もう切るとこないですよ。また放送時間延ばしちゃえばいいんじゃないですか?」と僕。そう、ちなみに第一話は通常より15分長いのだが、こういうやり取りの挙げ句、なんと関西テレビさんに放送時間を延長して頂いたのである。ちなみに第一話は「ヴェニスの商人」。金融業は「卑しい商売」として差別されていた400年前の話だが、この話に限らず原作となっているシェイクスピアの戯曲はもともと3時間くらい。それを400年後の2008年を舞台に前後篇で1時間弱の物語に仕上げねばならないのだ。で、この第一話を書いていた時、「もう切るとこないですよ」と膨れっ面になった僕に、プロデューサーは「わかりました、枠が延長できないか話してみます」と言ってくれたのだった。ありがとう座間プロデューサー!ありがとう関西テレビさん!

 というわけで「未来世紀シェイクスピア」は関西テレビで10月27日月用深夜1時30分から放送開始です。とりあえずは関西地方のみの放送となりますが、夏ぐらいからひたすら勉強して、書いていた僕にとっては、先日収穫したコカブと同じように、誰かに食べて貰って、「おいしい」と言われたいこのドラマ。関西方面のみなさん、いよいよ昨日発売になった福山さんのニューシングル「想」ともども、何卒よろしくお願いします。

 ところで放送延長と言えば、魂ラジの放送中に、あー、今日あと30分あったらいいのにー、と思うことがしばしばある。同じ生放送でもどうしてプロ野球は放送時間を延長できるのに、魂ラジはダメなんだろう?「本日の魂ラジは放送時間を延長してお送りします」とかできればいいのに。なんか、もう少し一緒にいたくなった時にホテルの部屋を延長するみたいでいいよくないですか?

小原信治

投稿時間:2008-10-23 19:07:44
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.