福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2008年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
10月3日 魂ラジレポート
国民投票結果発表
10月1日、発売された「最愛」に続き、いよいよ明日!
待ちに待った『容疑者Xの献身』が公開されます。
今朝も「めざましテレビ」にて、
F「スタッフ全員の想いと、出演者全員の頑張りが結集した作品になっています!」
と話していた福山さん。
魂ラジリスナーの中には、「好きな人と一緒にこの映画を観て、その後、告白するんだ!」
と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回の国民投票のテーマは・・・
「あなたは好きな相手に自分から告白したことある?」

選択肢はこちらの4つ。
・大抵自分から告白します。
・まだ無いけど、映画を機に勇気を出して自分から告白する予定です。
・告白は相手の人からしてもらうようにします。(自分からはしません)
・その他

結果はこのようになりました。
1位 告白は相手の人からしてもらうようにします。(自分からはしません):406票
2位 大抵自分から告白します。:395票
3位 その他:308票
4位 まだ無いけど、映画を機に勇気を出して自分から告白する予定です。:105票

では実際に投票いただいた方の声をみていくことにしましょう。
まずは、「告白は相手の人からしてもらうようにします。」とお答えいただいた方。


○あき(15歳 三重県)
私は「相手の人からしてもらうようにします」に投票しました!!
なぜなら私は昔から自分に自信をあまり持てないタイプです。
なので自分から告白をしたことはありません…泣
それに好きな人が出来ても話す事すらなかなかできません(ρ_;)
話せてもすぐ話題が途切れてしまいます。
だからいつも告白されても元から好きだった人と付き合った事はなく
付き合ってから好きになっていくタイプです。
でも付き合って徐々に好きになってくると会う度にまた恥ずかしくなってすぐ無口になってしまいます..
なので自分ではもっと自信を持って好きな人と喋れるようになって堂々と告白をしてみたいです!! ましゃ荘ちゃん!どうやったら自分に自信をもち好きな人と話せるようになるか、ぜひアドバイスをください(^O^)」


○のり(千葉市)
「コンわっしょい(*゜▽゜ノノ゛☆国民投票…自分からはしないに投票です。
今まで告白する事なく人生を過ごしてまいりました。
でもそれは私がかなりの意気地無しだからの話で、好きって言えないから 逆に相手から告白してもらえる様に【私はあなたが大好きです☆】オーラを放ち、告白しやすい環境を整備。その罠?にハマって告白された日にゃあ〜『キタ〜ぁ!』って感じです。
労力使うなら、自分でコクれば早い話なんですが…ダメな時を考えると、罠?を仕掛けた方が楽。」


続いて、「好きな人には自分から告白しちゃいます!」という方。


○ 利花 (17歳 新潟県)
「今回の魂ラジ国民投票は「大抵自分から告白しています」に一票!
2回自分から告白したことがあります。両方ともメールで告白しました。
なんの計画性もなく、いきなり衝動的に「好きっ!」って伝えたくなるんです。
今の所毎回両思いになれてるんですが、告白メールの返信が来るまでは緊張して生きた心地がしません..
相手にとっても急な出来事過ぎて返信がいつも以上に遅くなったりして…返信が来るまでは衝動的に告白したことを後悔したりします。
でも、押さえられないほどの好きという気持ちを我慢出来ない性格なんです。」


○ちょこ(17歳 埼玉県)
「私は同じ人に二回、自分から告白しました。
一回目は中学生の時で、メールで告白しました。その時は彼に彼女さんが居たので振られてしまいました…(;_;)
二回目は今年の夏です。高校生になってもどうしても彼を忘れることができず、「もう一度、今度は直接気持ちを伝えよう。振られてもいい、せめて彼と友達になれたら…」と、彼に公園に来てもらって告白しました。
結果、彼と友達になる事ができ、なんと、夏休みに彼と二人で遊びに行くことが出来ました!(^−^)今でも夢のような出来事です。
彼の彼女になることはできなかったけど、今、彼は私の大切な友達の一人になっています。告白して良かったです! 」

中には、こんな告白の仕方も・・・

○姫(37歳 新潟県)
「大抵自分から告白しています。」
でも、面と向かってでなく、酔った勢いとか冗談半分で『好きです』ではなく『好きだよ。』って言います。
断られたら、『恋愛じゃなくて、友達としてだよ』や『そんな事言った?』って言います。
そうすると相手も気まずい思いをしないでその場を逃れます。
『最愛』の歌詞の様に、
「愛さなくていいから 遠くで見守ってて 強がってるんだよ でも繋がってたいんだよ あなたがまだ好きだから」
と断られた時はそんな気持ちでいます。」


○ラジオネーム:あゆむ(千葉県23歳)
「ずばりあります!!でも好きになってから告白する間の期間が長いんです。
好きになっても、相手の人に興味をもってもらえないと失恋するのが分かってるので告白出来ません。好きになってからは少しは安心して告白出来るように、一緒にいる時間を増やしたり繋がりを増やして脈がありそうだったら告白します(><)☆でもたまに自分が慎重になり過ぎて相手から告白されるハッピーなことになったりします(笑)
こんな私は計算高いのかなぁ…」

告白は男性から・・・というのはもう古い?
性別に関係なく、好きな人には自分からアプローチをかけなきゃ始まらない!
というお答えもいただきました☆

それでは、「その他」にお答えいただいた方は、“告白”についてどのような経験や意見をお持ちなのでしょうか。

○ピジリ(36歳 東京都)
『好きな相手に自分から告白するか?』というテーマ☆
自分からも、相手からも、さらに加えて間に「恋のキューピット」を介した告白(?)もあったので「その他」に投票しました。
個人的には、自分から「好き」と言わないと気がすまない性分なもので、
圧倒的に自分から告白する方が回数としては多いのですが。。。
なぜだか?付き合う期間が短いです・・・
一方で、相手から「好き」と言われて始まったお付きあいは、数としては少ないものの、
中には10年続いた彼もいて...(結局は別れてしまいましたが・・・)なんやかんやで長く続くように思います。
やっぱり、女性は「愛する」よりも「愛される」方が幸せなんでしょうか?

○たけやん(23歳 静岡県)
「今回の魂ラジ国民投票は「その他」に投票しました。
過去に告白は一度だけしたことがあります。しかも、中途半端でした。
当時、好きだった子とメールをしていてお互いの好きな人の話題になって本人にメールで「好きなのは君だよ」と送信したところ、会って直接話そうという事に
なりました。その子を海岸へ呼んで、いざ言おうと思ったのですが、一言が出てきません。
やっと出てきた言葉が「結構好きだよ」と一言のみ。
相手からは「嫌いじゃないよ」という返事のみ。
これは遠まわしにごめんなさいと言われているのと同じだなと思い、握手をしてその子を送って帰りました。
23年間でたった一度だけの告白です。自分が歯がゆく、情けなくなった時でした。」

○しーやん 17歳 千葉県
「どれに投票しようか迷いましたが、「その他」にしました\(^o^)/
自分からはたぶん、本当に好きな人ができるまで告白することはないですね!!
かといって、アピールすることもないんです!だから相手が思ってくれたらラッキー☆
思ってくれなかったらやっぱりそうゆうもん!って思ってます☆
まだ17歳だし、ゆっくり恋愛味わいたいですしね(^-^)笑
・・・そんなことゆってたら一生結婚できなそうですね(笑)」


今週の国民投票、いかがでしたか?
魂ブロをご覧のあなたは、「告白したい派」でしょうか、それとも、「告白されたい派」でしょうか。もし、本当に好きな人がいて、その人に気持ちを伝えたいけど、きっかけが無い…というあなたは、映画『容疑者Xの献身』がその背中を押すお手伝いをできるかもしれません(^_^)y

現在、番組では
「映画『容疑者Xの献身』をあなたがいっしょに見たい“最愛の人”は?キャンペーン」
へのご応募をまだまだ募集中です。
あなたが映画を一緒に見たい“最愛の人”とその人とのエピソードを番組に書いて送ってください。
メールは
masha@allnightnippon.com
まで。
さらに、先日発売された『最愛』をはじめ、曲の感想も募集中です。
どしどしお寄せ下さい(^^)y

映画『容疑者Xの献身』は明日からいよいよ全国公開!
いち早く観にいった方は、劇場で撮った写真と感想を送ってください。
お待ちしています。
投稿時間:2008-10-03 19:28:40
 
10月3日 小原信治の草の根広告社
「歩いてますか?」

 突然、足の裏が原因不明の激痛に襲われた。ちょうど左足の土踏まずの辺り。すごい激痛だ。歩くときはもちろん、歩いてなくても刺すように痛い。かといって外傷があるわけでもない。腫れてもいないし、赤くなってもいない。外から見る限り、なんともない。なのに痛い。原稿書きに追われていたせいもあって、2、3日我慢してやり過ごしていたけど、もはや限界。で、近所の整形外科に飛び込んだ。
「アーチ痛ですね」
 診察室に入り、靴下を脱いで三秒後にはそう言われていた。
「あの、それってどういう」
 医者は全然シリアスな病気じゃないから心配しないで、と前置きした上でこう言い放った。
「あなた、全然歩いてないでしょ?」
 忙しくても週に2、3日はジムで40分ずつ走っていた。40手前にしてはかなりハイペースな方だ。運動不足のつもりはまるでなかった。でも…。
「歩いてないでしょ?」
「…はい」
 家にいる時はパソコンに向かっているだけ。外に出る時はどこに行くにも車。忙しい中の時間短縮の為に、徒歩5分のコンビニにでさえ車。思い返してみてもここ数週間でジムでのランニングを除くと1qも歩いていなかった。
「歩くのに足が慣れてなくて、それで痛くなっちゃってるだけです。歩けば直りますよ」
 今年の6月、スウェーデンの森で1日10q以上歩いていたぼくが、たった数ヶ月で歩いていないせいで起こる足の故障に見舞われてしまった。そして、改めて気づいた。時間がない時ほど、忙しいときほど時間を有効に使う為に歩かなくなっているということを。見つめ返した。2q移動するのに15分歩くよりも、3分で済む車を選ばなければならない今の生活を。そして、改めて思い知った。今の生活の中で1日に30分散歩をすることがどれほどの贅沢かを。毎日10q、森の中を歩くだけのあの日々がどれほどの贅沢だったのかを。そして突然ある人のことが心配になって、今、脚本打ち合わせの合間に急いでこの日記を書き出したというわけである。

 今、ぼくなんかよりずっと忙しい日々を送っている福山さん、歩いてますか?いや、歩けてまいか?足、痛くないですか?

 明日、めざましと、いいともと、Mステ、見ます。

小原信治

投稿時間:2008-10-03 00:03:23
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.