福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2008年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
10月1日 魂ラジレポート
魂ラジリスナーの”最愛の人”
10月4日の公開日が間近と迫った福山さんの20年ぶりの主演映画、『容疑者Xの献身』。
魂ラジでは、この映画を「あなたの“最愛の人”と一緒に観てほしい!」という想いのもと、リスナーの“最愛の人”やその人とのエピソードについてメールを募集しています。
先週の放送でも、こんなメールをご紹介しました。

○ゆりか(15歳 兵庫県)
「私には中学の頃から好きな人がいます。その人に、「『容疑者Xの献身』観にいこう!」と誘われました! そこで思い切って告白したいと思います。でも私は告白したことがありません。福山さん、アドバイスをお願いします。」

『容疑者Xの献身』を観て、告白したい!!という、ゆりかさんに、福山さんは…

F「“告白”…いい響きですね!大人になったら告白とか特になくて、なんかなしくずし的に始まったりするもんね。15歳くらいの頃は告白って大事よねぇ。」

と、なんだか、ずいぶんと前のことを懐かしむような口調で話します。
F「メールとか電話より、やっぱり一緒にいるときに、言葉にして言った方が、あとあとの人生においていい思い出になるかなぁ。」

では、肝心の告白するタイミングについては??
F「基本的には、映画で隣に座ったときに、手を繋ぐタイミングをまず探すんですよ!
…ってホットドッグプレスに書いてあったよ!?…『映画を観ながら手を繋ぐのが自然』って書いてあったよ!?」

その当時、まだ少年だった福山さんは
「映画を観ながら手をつなぐ??え〜全然自然じゃないじゃん!」
という思いと、でも、記事どおりにデートを運べば間違いないんだろうな…という思いの間で揺れていたようです。

では、今回の『容疑者Xの献身』で、手を繋ぐポイントは??というと、

F「最初。始まってすぐに繋いで、それからずっと。」

だそう。「え??そんなすぐに繋いじゃうの?大丈夫??」とまだまだ不安なあなた、
その気持ち、若かりし福山少年も経験してきたようです。

F「この頃は手を繋ぐのも大変で、一回離したらもう繋げないんじゃないかって思って、
ずっと繋いでたけどね。
…それが今じゃ、手を繋いだだけじゃ物足りない、その次は?みたいになっちゃってるけど(笑)」

では、うまく上映中に手を繋げたとして、その後に待ち構えている“告白”はどんな風にすれば彼の心をつかめるの?

F「やっぱり、映画の内容にかこつけてってことがいいと思うんですよ。
『あんな風に深く人を愛せるようになるのかな…』的なところから始まって、
『でも私、今だったら、彰久さんのことをあんな風に愛せるようになるかもしれないなぁ…なんて。』(スタスタ)『いやん!』みたいな(笑)」

最後はまるで四コマ漫画のようなオチなってしまいましたが、前半はかなり使えそう。
なんていっても、『容疑者Xの献身』は“究極”のラブストーリーでもあります。
ここに描かれた深い愛に、好きな人と触れること、そしてその後、二人で一緒にそれについて振り返ることで、お互いの心はまるで寄り添うかのように近づくかもしれません☆

他にも、リスナーの“最愛の人”メール、沢山お寄せいただいています。
『好きな人とはサイトで知り合いました。今まで会いたいと思っていてもお互い仕事が忙しく、メールだけの関係。この恋を諦めなければと思ったこともありましたが、今回、その彼と、『容疑者Xの献身』を一緒に見に行く約束をすることができました。(ラジオネーム:姫いちご)』

『今、通院している主治医の人と観にいきたいです。どんな時も私を見捨てず、献身的に的確に診察してくださっています。もしかすると、私は先生に恋をしているのかもしれません…叶わぬ恋ですが、先生と一緒に観れたらいいなと思います。(ラジオネーム:ましゃ☆み)』

『私は旅先の従業員の人と観にいきたいです。その人は私よりも13歳年上で、自分の趣味に夢中で、何を考えているのか分からないところもある人。戸惑いながらも、メールや電話など連絡をとりあううちに好きになってしまいました。今度その人を映画に誘ってみようと思います。(ラジオネーム:容疑者M)』


こうしたメールの数々に、
F「『容疑者Xの献身』公開によって、出生率が上がって、ベビーブームが訪れるかもよ?」と福山さん。
その期待、あながち外れていないかもしれません。
「できれば最愛の人と観てほしい…という意味が、分かりました。」
「好きな人と一緒にもう一度観にきたい。」
試写会で少し早く観た人が一様にそんな思いを抱く『容疑者Xの献身』。
もうあと3回眠ると公開日です!!
それまで、本日発売の『最愛』(KOH+)を聞きながら、気持ちを盛り上げていてくださいね。

現在、番組では
「映画『容疑者Xの献身』をあなたがいっしょに見たい“最愛の人”は?キャンペーン」
へのご応募をまだまだ募集中です。
あなたが映画を一緒に見たい“最愛の人”とその人とのエピソードを番組に書いて送ってください。
キャンペーン参加者には、映画公開後、映画館の前で「最愛」の人と撮った写真、そして「最愛」の人と一緒に『容疑者Xの献身』を観た感想と、
「最愛」の人との間に起きた様々な変化をレポートしていただきます。
メールは
masha@allnightnippon.com
まで。
どしどしお寄せ下さい(^^)y
投稿時間:2008-10-01 22:03:17
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.