福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2008年9月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
9月17日 魂ラジレポート
福山雅治、学生時代を振り返る
福山さんは吹奏楽部でホルンを吹いていたらしい…
しかも、吹奏楽部の部長だったって!?
そんな福山さんの学生時代の情報が寄せられた先週の魂ラジ。

吹奏楽部でチューバを吹いているという
ラジオネーム:P・TUBAさん(京都府)からの
「学生時代の部活から今の音楽活動に生かされていることってありますか?」
という質問に、福山さんはこう答えます。

F「女の子でチューバ担当っていうことは相当唇が肉厚な方なんでしょうね。」

え!?唇の厚さが関係するの?と思ったあなた。

F「(チューバを吹くには)唇が肉厚な人じゃないと。低音になればなるほど、バジングの時に口をつけるマウスピースの径が大きいんですよ。
唇が厚いと音が低くて、薄いと逆に高い音が出せるんです。」

そうなんですね!
唇の厚さによって、合う楽器が異なってくると話す福山さん。
目の前にいる荘口さんの唇をじぃっと見つめたかと思うと、

F「彰久の唇くらいだと…トロンボーンまではいかないと思うんだけど、
ホルンとかユンフォニウムかな。」
とニヤリ。

これには荘口さんも驚いた様子で、

S「ってことは福山さん、女性の唇をじぃっと見ながら、『この子はチューバだなぁ…』とか思ったりするんですか!?」

F「あるよ、あるよ!『この子はチューバ…いや、ユンフォニウムがいいかなぁ。』とかって。」

そんな福山さんから見た、チューバが似合う女性はというと…
F「例えば井上和歌さんのようなポッテリした唇の人。厚めのね。いい音でるよ〜」

さらに、学生時代の経験と今の福山さんの音楽との関係については…

F「たぶん作っている楽曲とか、影響はあると思いますよ。展開の仕方とか。
あとねぇ、対旋律とかも結構好きなんだよね。」

吹奏学部時代は、『錨を上げて』や『双頭の鷲の旗のもとに』などマーチングソングを特によく演奏していたという福山さん。
他にも『新世界』や『エルザ大聖堂への行列』など、合奏を経験したことのあるリスナーにとってはお馴染みの曲の数々が飛び出しました。

F「やっぱ、音楽やるのって楽しいんだよね!
それも、みんなで“せ〜の”って音を出す、合唱が楽しい。
1人でギター弾いてるのとは違うからね。セッションだし。
だからそういう意味でも今につながっているものっていうのは沢山あると思いますよ。」

そんな、福山さん、こんなことも言っていました。
F「いつか、ものすごい田舎の離島とかでブラスバンドの部長をやってみたいなぁ…」

学生時代は、ケツバットを振り回す部長としてあまり好かれなかったという福山さんですが、もしかすると本当に、生徒たちに慕われるブラスバンドコーチとなる日が来るかも!?

そして、この日の魂ラジは「敬老の日」前の放送とあって、
「驚いたことにおばあちゃんの着うたがHIGHER STAGEだったんです!」
「99歳のひいおじいちゃんが、まだまだ夜の方が現役すぎて困ってます!」
などなど、リスナーから続々とおじいちゃんやおばあちゃんの話をお寄せいただきました。

そんな中、福山さんはおじいちゃん、おばあちゃんとの思い出をこのように振り返ります。

F「“ありがとう”という言葉は、例えぶっきらぼうな言い方でも、
言われた方はすごくうれしい言葉なんですよね…
僕は肉親に感謝するっていう気持ちが湧いたのは東京来てしばらくしてからですよ。
それまでは、預けたお年玉は無くなるわ、おもちゃは買ってもらえんわで、全然感謝してなかったね。…おじいちゃんにもおばあちゃんにも。おじいちゃんには特になかったね。
おじいちゃんがまた、俺が中学になっても高校になってもお年玉500円しかくれないのよ。
でも、ばあちゃんは2人とも好きだったね。理由は一回も怒られたことがないから(笑)
服装がどんなに乱れていようが、家族や親せきの中で「あそこの雅治は…」みたいなことになろうが、ばあちゃんは何も言わなかったね。
だから、アイ ラブ グランドマーザー。…グランドマザコン!」

最後に、今回、学生生活を振り返った福山さんからメッセージが。
F「ほんの些細なことでもいいから、気持ちがあるならしてあげた方がいいですよ!」

近い関係だからこそ、変に照れてしまって伝えられない自分の 素直な気持ち。
あなたは誰にどんな思いを伝えたいですか?



追伸
映画『容疑者Xの献身』公開にあたり、番組では現在、
「あなたが一緒に観たい「最愛」の人は誰ですか?」キャンペーンを行うことに決定!
参加者には映画公開後、映画館の前で「最愛」の人と撮った写真、
そして「最愛」の人と一緒に『容疑者Xの献身』を観た感想と、
「最愛」の人との間に起きた様々な変化をレポートしていただきます。

♪愛さなくていいから 遠くで見守っていて…
と、まさに「最愛」の歌のように、好きな人がいるに自分の気持ちを伝えられていないあなた、映画に誘うのを口実に自分の気持ちを伝えるチャンスかもしれませんよ☆

キャンペーンへの参加は超簡単!まずはメールで、あなたが『容疑者Xの献身』を一緒に観たいと思っている「最愛の人」とその人とのエピソードを送ってください。

メールは
masha@allnightnippon.com
お待ちしています(^^)y
投稿時間:2008-09-17 21:42:09
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.