福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2008年8月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
8月27日 魂ラジレポート
福山雅治が語る、映画『容疑者Xの献身』
「最愛」の宇宙初フルぶっかけで、リスナーを大興奮の渦に巻き込んだ先週の放送。
しかし、ニッポン放送のメールサーバーがいつになく稼動したのは、「最愛」のフルぶっかけ後だけではありませんでした。

今週、福山さんの口から、
「『容疑者Xの献身』完成披露試写会に魂ラジリスナーをご招待」と、
「ガリレオスペシャルドラマ『ガリレオ エピソードφ』放送決定」
という凄いお知らせが立て続けに発表されたのです。

ガリレオドラマスペシャルでも、若き日の湯川先生役を演じる事務所の後輩の三浦春馬くんにはまだまだ席を譲れん!とばかりに大活躍してくれるそう☆
そして、熱い思いのこもった映画「容疑者Xの献身」についても、語ってくれました。

F「映画観た方がいいですよ。テレビの映画化だから・・・ってことじゃなくて、一本の映画として観た方がいいです。映画って、大きなスクリーンの前で、2時間ちょっと拘束されるわけですよ。でもそこでしか描けない、踏み込んだ部分ってあると思うんです。2時間、今日の時間を集中してみなければならない…っていう状態でしか描いてはいけないものに、ちょっと踏み込んじゃったかなって思います。」

ある意味で、CMがテンポを作っているテレビドラマとは、また違った領域に踏み込んだという福山さん。
そんな映画を、大人はもちろんのこと、若者にも観て欲しいといいます。

F「ミステリーとか色んな言われ方をしていますけど、僕はこの話っていうのは純愛だと思っているんです。それも、大人になった人たちからすると、どーんと重くなってしまうような部分もあるかもしれないけど、若い世代の方には、ピュアなラブファンタジーにもとれるものなんじゃないかと思うんです。」

大人になると『そんなことできっこない』っていう現実的な部分が頭を掠めてしまいがち。でも初めて恋をした時や、まだ恋にウブな頃は、相手へのまっすぐな献身の思いを素直に持っていましたよね。
そんな気持ちで相手を思える若者にこそ、ピュアなラブストーリーに映るはず…。福山さんはこんな思いで今回の「容疑者Xの献身」をとらえているようです。

そして、今回およそ20年ぶりにスクリーンに登場することになったわけですが、そんな20年ぶりの映画をやってみての感想はどんなものだったんでしょうか。

F「映画って作り手も見る側も思い入れが強いじゃない。だからやる前は『映画って怖いなぁ』みたいのもあったんですよ。芝居がよくないと明かりあててもらえないんじゃないかとか、カメラがほんとは回ってないんじゃないかとか(笑)でも、そういう強い思い入れやいろんな想いがつまってるものなんだと思うんですよ。」

今回の作品は、本当に「みんなで作ったもの」なんだと実感するという福山さん。
そこには、今は忘れられがちな、でも大切なものがあるともいいます。

F「昨今、こだわりとか思い入れって忘れがちだったりするじゃないですか。今はこだわりより、“もっと効率よく”っていう風潮があるし。でも、こういう強い思い入れがやっぱり必要なのかなって思ったんです。」

ひとりひとりの職人的なこだわりが随所に散りばめられているからこそ、ひとつの作品として価値を持つんだとか。
そして、そのひとりの「職人」である福山さん、20年ぶりに銀幕のステージに立った自分を見た感想はどうだったんでしょうか?

F「ぼちぼちかな(笑)僕はテレビでもCMでも映画でも、“素材としての自分”って思っているので、自分じゃない自分で出てるんですよ。だから、自分がっていう能動的な感じじゃないんです。今回も、監督さんが求めているものをやっただけなので、大きいスクリーンに出たからどうっていうことはあんまりなかったですね。」

…と、まさしく職人さんの考え!
こう語るように、福山さんが心頭滅却して望んだという「容疑者Xの献身」。
普段の福山さんとも、ドラマの湯川先生とも、また違った顔を見せてくれそうで、ますます楽しみになった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
10月4日の劇場公開を震えて待て…!

と言いたいところですが、魂ラジでは特別に5組10名のリスナーを完成披露試写会へご招待★
一足先に湯川先生をスクリーンで見たいというあなたは
masha@allnightnippon.com
まで、氏名・ご住所・ご連絡先と試写会希望の旨を明記の上メールください。
あなたからのメール、お待ちしています!
投稿時間:2008-08-27 22:50:34
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.