福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2008年8月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
8月13日 スタッフ日誌
魂ラジリスナーの年の差恋愛A

夏だ!恋だ!ナツコイだ!!

毎年この時期になると沢山お寄せいただいているのが、嬉しはずかし夏の恋のエピソード。
しかしそんなメールに負けないくらい多かったのが10代・20代女子の年の差恋愛の相談。

「10個上の彼は、デートするにも毎日仕事が忙しくて…」
「14歳年上の彼が、この夏、転勤が決まって遠距離恋愛になりそうです…」

などという悩める女子リスナーの声に、
「これは聞き捨てならない!」とあの男が立ち上がりました。

…福山雅治、「年の差恋愛」の謎に迫る!

「いったい女子高生がどこで会社員と出会っちゃうの?」
「ホントにそんな上の人と付き合えちゃうの?」
「…同世代じゃ駄目なの!?」

そんな疑問を抱えているのは、福山さんだけではないはず!
先週の魂ラジでは、世の男性陣を代表して、
「実際に自分よりもうんと年上の男性と恋愛しています。」
という女子リスナーを福山さんが直撃しました。

お電話に出てくださったのは、教育関係のお仕事をされているという
ラジオネーム:まこ (29歳)さん(以下M)

F「ずばり、彼とまこちゃんの年の差は?」
M「(彼は)16歳年上の45歳です。」

そんなまこさんと彼との出会いは、遡ることなんと“24年前”!
F「…ってことは4歳!? そりゃ、当時の彼のことなんてそんなに覚えてないでしょ?」

これについてまこさんは…

M「彼は4歳から8歳まで通っていた、習い事の先生だったんです。小学校6年の時に先生が結婚したっていうのを親から聞いて、その時に涙が止まらなくなって…
後から考えてみたら、それが初恋だったんだなぁって思いました。」

と、当時20歳だった先生に4歳のまこさんが秘かに想いを寄せていたことを明かしてくれました。

と、ここまでだとまるで歌になりそうな“一途な恋”の話なのですが、
その後、まこさんが
「それから18歳(高校3年生)の時にその彼とのお付き合いが始まったんです」
と続けたのには、福山さんも思わず目がテン!

F「え?おかしいじゃない、先方は結婚してるでしょ?18歳の時になんでまた改めて出会ったの?」

M「短大に合格したときに思い切って先生に報告に行って、それから毎週先生のところに遊びに行くようになって…車で送ってもらったりしているうちになんとなぁ〜く。」

その後、自宅で書道教室をしているという先生を慕って毎日のように会いに行くようになったというまこさん。こうして、ずっと好きだった「先生」は、奥さんがいるにも関わらず、まこさんの「彼」へと変わっていったのです。

しかし、事態はさらに複雑。

まこさんの口からは、その「先生」改め「彼」とお付き合いをしながらも、それとは別に同級生の彼がいたり、さらには21歳の時に一度結婚し、その後3年で離婚していたり…といった情報が次々と明されました。

これを聞いた福山さん。ガツンと一発いくか、と思いきや…

F「よかったぁ!じゃぁ初めての(Hの)相手は同級生だ。
だって、相手が先生だったらそれこそあなた、書道だけに“筆おろし”ですよ!」
と、妙に安心した表情を浮かべていました。
ただ“筆おろし”が言いたかっただけだという説もありますが(^^;)

その後、続いたり離れたりしながら、先生すなわち「初恋の彼」との恋愛は今も続いているのだというまこさん。
M「24年間ずっと好きだった彼だからこそ、相手が結婚してようがしてなかろうが、子供がいようがいまいが、好き。もう戻れない…突っ走るしかない」
なんて、なんだか、昼ドラを見ているようです。。

もはや、「年の差恋愛」を超えて、少し過激な恋の相談になってしまいましたが、
まこさんより少し人生経験の長い福山さんは、

F「まぁ、でもなんかあった時には先生のところに行けば迎えてくれるんだろうね。
だから、まこちゃんは帰っちゃうんだ。その状態が幸せになっちゃってるんだね。」
と、さすがのコメント。

今回、自身の恋愛について、とても明るく話していたまこさんでしたが、なかなか報われない恋なだけに辛いことも多かったはず。
そんなことも全てひっくるめた、まこさんの彼に対するの思いが、最後にまこさんの放った言葉、

M「先生は、私の居場所なんです…」

に、詰まっていたような気がしました。

いいことも、悪いことも、幸せな時も、心が砕けそうな時も、全部あるからこその恋。

F「一人の女性が1人の男性と出会って、こういう形で生きていくっていう生き方もあるんでしょうね。」

と福山さんも言っていたように、その人自身にしか分からない思いや経験が、
それぞれの恋には詰まっているようです。

まこさん、今後また、彼との関係に変化が訪れたときには魂ラジまでご一報ください☆

番組では、あなたからの恋の相談をまだまだ募集しています。
「友達には恥ずかしくて話せないけど、こんな恋愛しているのは私だけ?」
「まだ20代なのに、久しく恋してないんです…こんな私って変ですか?」
「ずっと遠距離恋愛だと思っていたけど、もしかしたら私は彼の“地方妻”なのかも?」
などなど。
そのお悩み、ましゃや荘ちゃんにぶつけてみませんか?
メールは
masha@allnightnippon.com
お待ちしています(^^)y

投稿時間:2008-08-13 17:47:22
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.