福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2008年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
2月14日 小原信治の草の根広告社
当たって砕けろな愛の告白、したことありますか?
 
 男の子も女の子も、初体験よりも前にやっておいた方が良いと常々思っていることがある。いや、むしろやらなければならないとすら言っていい。大人になる為の儀式として。或いは産湯や食い初め、初節句や七五三と並ぶ通過儀礼として。僕が童貞や処女のうちに絶対にやっておいた方がいいと常々思っていること。それは、生まれて初めて本気で好きになった人に「好きです」と伝えることだ。僕のデビュー作でもある「天才たけしの元気が出るテレビ」風に言えば「勇気を出して初めての告白」である(そういえばナレーション読んで下さっていた皆口裕子さん、元気かな?)。たとえば放課後、校舎の裏に呼び出して。たとえば好きな人の通り道で待ち伏せして。そう、今日みたいにバレンタインだったら、チョコレートを手渡しして、なんてのもいい。福山さんが放送でよく言うけど、答えがイエスと分かっているインサイダー取引きはダメだ。分からない相手の気持ちを知りたくて知りたくてわずかな手掛かりを頼りに何日も胸を掻きむしって考えて、それでも解けなくて、どうしても知りたいからストレートに訊くのだ。
「あなたが好きです。あなたは?」
 なぜセックスをした後ではダメなのか。簡単だ。相手が誰であれ、セックスを知っちゃった後では、セックスを知る前に比べて”なんでこんなことが言えなかったんだろう”ってなくらい簡単に「好きです。あなたは?」と言えちゃうようになるからだ(当社比)。違う?これ読んでるあなたもそうじゃなかった?
 …まあ、そうだということにして話を進めるけど、逆に言えば、セックスを知る前の愛の告白は、登山初挑戦の人間がいきなりエベレスト山頂を目指そうというくらいハードルが高い。だからこそ尊いし、挑んだことのある人は本当に勇気があると思う。結果はどうあれそういう人のその後の人生は「初体験の前に好きな人に好きだ、と言えなかった人」とは明らかに違うはずだ。下品なたとえだけどとても分かりやすいと思うのであえて使えば、アソコの皮がムケている人の人生と皮がカブっている人の人生と同じくらい違うはずだ。なんだろう?そういう人は曇りがない。見ていてすがすがしいのだ。ヌケがいいのだ。伝えられないまま終わった青春時代の暗い初恋という不発弾を背負っていない分、100%の自分で次の時代を生きているのだ。とっくに戦争は終わったのに、いつまでも不発弾を抱え、終わらない戦後処理をしながら次の時代と日々折り合いをつけている僕のような人間(←共感するという方は、僕がプロデュースしている忘れられない恋の同窓会サイト初恋net.comにもおいで下さい)とは違うのである。
 先日、魂ラジ国民投票を作っていた魂ラジの女性スタッフと話していた時もそうだった。
「あたし、学生時代にチョコレート渡して告白したことあります」
 という彼女は、そのバレンタインきっかけで見事好きな人とつきあい始めたそうだが、別れた今となっては「どうしてあんな人好きだったんだろう?って思うんですよね…」と、引き摺るどころか、もはや想い出ですらないという。それは、好きな人に告白した人間だけが辿り着ける境地なのだろう。ともあれ、僕はこんな風にセックスを知らないうちに気持ちを伝えたことのある人を尊敬する。中でも、初恋の人に気持ちを伝え、後に結婚までしたなんて言う人は神だと思う。
 人に自分の気持ちを伝えるというのは、物凄く勇気がいるし、エネルギーを必要とする。それでも動物的な本能を制御し、言葉だけでそれを成し遂げられるのは、僕たちが人間だからだ。そして本来、セックスはその高いハードルを越えることのできた人間だけが辿り着けるものであるべきだ。しかし、多くの人がその難しいハードルを越える前にパスして、先に進んでゆく。だからセックスが先で気持ちを確かめるのは後からだった…なんていう動物的な恋愛のカタチが現れたりする。
 かくいう僕も、好きな人に好きと言えないまま大人になり、セックスを知ってしまったひとりである。不発弾は今も胸の中で燻ったままだし、手に入らなかった架空のしあわせがどんどん頭の中で肥大化してゆくせいで、いつも目の前にある現実のしあわせを掴み損ねてしまう。恋愛において当たって砕けろ的にストレートな気持ちを伝えられた経験といえば、皮肉にも「好きじゃなくなったから、別れたい」という子供じみた勇気を出して初めての告白だけだ。本当に情けない…情けなくなって来たので今日はこれでおしまい(>_<)

 今日は2月14日、バレンタイン。
あなたは好きな人に気持ちを伝えましたか?

小原信治
投稿時間:2008-02-14 19:35:37
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.