福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2008年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
1月18日 スタッフ日誌
国民投票結果発表&明日の放送予告
「やさしい人が好きだけど、やさしすぎる人とは付き合いたくない」
優しい男性が好きなはずの彼女に、このように告げられて別れることとなった、
魂ラジリスナーのともあきさん。
先週の放送では、この一言を機に白熱したこの議論が繰り広げられました。
F「そんな女とは別れてケッコー!」
と言い放った福山さんに対し、ともあきさんの彼女に共感する魂ラジ女子リスナー。

そこで今週の魂ラジ国民投票では、
「『優しいのが好き。だけど優しすぎるのは嫌…』に理解できますか?」
というテーマで投票を受け付け。
その気になる結果は?

1位『理解できる!』  (1621票)
2位『理解できない!』 (921票)
総数2542票もの投票数をいただいた、今回の国民投票では、
『理解できる!』派が圧倒的多数を占める結果となりました。
注目したいのは、男女の意見の違いです。

『理解できる!』と答えた女子リスナーが、
『理解できない!』と答えた女子リスナーの約2倍であるのに対し、
男性は、『理解できない!』と答えた数が『理解できる!』と答えた数の約2倍。
・・・真逆です!!!

投票いただいたリスナーからは、こんな声が寄せられています。

○ラジオネーム:やすべぇ(京都市)
「男の優しさって何だろう?って、よく考えたものです。
最初は、優しくて何でも云うこと聞いてくれる、甘えるにはいいです。
でも優しさの中にピリッとした厳しさがあったり、
逆に封建的風に見えても何気ない気配りの優しさが見え隠れする方が、
自分の将来を任せられる気がします。
ただ優しいだけでは、自分も我侭になり物足りなくなります。」

○ラジオネーム:みん(29歳 横浜市)
「今回の国民投票、私は、『理解できる』に投票しました。
私が思うに、『優しさ』と『甘やかし』を勘違いしているのでは?
彼女第一で! なんて、『甘やかし』としか思えません。
彼女の我儘ばかり叶えて…彼氏が大変ですよね。
それが彼女の為になるのでしょうか?
間違いあったら、それを正す事が優しさだと思いませんか?」

○しおり(23歳 愛知県)
「やっぱりいつでもどこでも優しいのは、良いんだけど物足りない…
たまにはアメだけじゃなくムチも必要です!!
人はずっと一辺倒より変化を求める生き物ですから(笑)ちゃんと優しいだけじゃなくて、
悪いことしたら怒ってくれる→でも自分の怒りに任せて怒るのは問題外!!
そういうギャプがある男の人がいいんですよ〜(´∀`)」

○ラジオネーム:ミーコ(東京都)
「私の旦那さんはとても理屈っぽくて自分に厳しい分他人にも厳しい。
機嫌のいい時や私の具合の悪い時はとってもやさしいのですが落差が激しいんです。
数年前、口うるさくて怒りっぽい旦那さんに嫌気が差して、間がさしたことがありました。
相手はいつもニコニコしていて怒らない人。
理想の「やさしい人」だったんですが、
付き合ってみると、優柔不断で自分の意見がなくて、ヘラヘラしてるだけだったんです。
“やさしい人”って“怒らない人”ってことじゃないって、その時わかりました。」

○美保子(36歳)
「優しすぎる人はイヤという気持ち、理解できます。
かつて私が高校生の頃付き合った彼が、そんな人でした。
優しいっていうのって、つまりは気遣いができる人だと思うのです。
その、自分に対する気の遣われ方が、重く感じたのです。
気遣いできるぶん、細かいトコまで気にするような気がして。
なんというか、高校生くらいの頃の気遣いって、さりげなくできないというか、、
『あ、今すごい気を遣われてるなっ』ていうのが、わかってしまう。
デートの時に予習しすぎなトコも、こそばかったり、
『こんなこと言うと喜んでくれるでしょ?』
『こういうことしたかったでしょ?』みたいなのがあって、普段どおりの彼でよかったのに。
多少思いやりのないこと言われたり、そっけない態度とられたりしても、たいして気にしないのに(笑)」

○ラジオネーム 姫(36歳 新潟県)
「理解出来ます。10年以上付き合っていた年下の彼が正に優しすぎる人でした。
何を言ってもOKを出す彼に年下なのに大人に見えて最初は優しくて、頼りになる
人と感じていました。
10年以上付き合っていてケンカなんて一度もなかった。
でも、次第にケンカしない=怒らない彼に私の事はどうでもいいのかなぁ?って
思い始めて…。ケンカをしてこそ本心が見えたりする事あるんです。
貴方の優しさが、逆に心が見えなくて、私の事どうでもいい存在なんだよって思ったと伝えて、その彼とは別れました。」

一方、「理解出来ない!」と答えた方はというと…

○ラジオネーム:トリ(中学3年 北海道)
「優しい人が好きだけど、優し過ぎるのは嫌…」
私はこの考え方が理解できないです。
だって優しいことで悪いことなんてないじゃないですか。
それに他の理由で別れるのに「優しいから嫌」なんていったら逆に言われた人が傷つくと思います。だから私は「優しい人が好きだけど、優し過ぎるのは嫌…」なんて言わないし、言わせません!」

○ラジオネーム:マリ(29歳)
「今回の国民投票、私は「理解できない」に投票しました。
「理解できない」訳でもないんですが、私は、「優しい人」よりちょっと冷たい人が
好きなんです。ぶっきらぼうな人というか、不器用な人というか…。
ぶっきらぼうなしぐさとか態度の中に、自分なりにその人の優しさを見つけるのが好
きです。自分だけのモノって感じがして(*^_^*)
私を厳しく見守る強い優しさが欲しいです。
これって贅沢??」

ご自身の過去の経験を踏まえてのご意見を沢山お寄せいただいた今回の国民投票。
福山さん、男性リスナーのみなさん、複雑な“女心”、少しはお分かりいただけましたか?
本来であれば、付き合っている二人がお互い“自然体”でいて幸せを感じることができる…というのが理想。でも、好きな人の前ではついつい、“格好のいい自分”を見せたくなってしまうもの。
でもそれがいきすぎて“ちょっと息苦しい優しさ“に繋がってしまうようです(^_^;)

さて、明日の放送予告です。
明日の魂ラジでは年に一度の「俺のスタジオライブリクエスト」をお送りします。
1995年1月17日、あなたはどこで誰とどんな風に過ごしていましたか?
多くの方が、「そんなに前のこと…」と思い出せないでいる一方で、
中にはその時の鮮明な記憶や消えることのない想いを抱えている方がいらっしゃいます。
阪神淡路大震災から13年。
魂ラジリスナーの中にも、自らが震災に遭われたという方や、親しくしている方が被害に遭ってしまったという方がいらっしゃることでしょう。
福山さんも当時、仕事で出かけていた大阪にて震災を体験したうちの一人です。
その時の話を交えながら、明日は被災地に向けて歌います。

ただいま番組では、震災から13年目にあなたが思うこと、考えることを募集しています。
メールは
masha@allnightnippon.com
あなたからのメール、お待ちしています。
午後11時30分からの生放送、お楽しみに☆
投稿時間:2008-01-18 21:25:56
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.