福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2007年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
11月29日 スタッフ日誌
☆★初代:神田ディレクターからのお祝いメッセージ★☆
Q1.魂ラジが400回!ということで、番組にメッセージをお願いします。
A1.400回!おめでとうございます。
福山くん、スタッフのみなさん、ほんでリスナーのあなた!元気にやってますか?
最近聞き始めた方にははじめまして。
番組の最初のディレクターを担当をさせていただきました神田といいます。

自由気ままなオールナイトニッポン枠から土曜日の「魂のラジオ」枠に引越し
する事になり、最初いろいろな制約があって迷いながら番組を立ち上げた事がつい昨日のように思い出されます。
最初の数ヶ月は番組の方向性がつかめなくて毎週毎週、番組終わりの反省会で福山くんと小原くんとたくさん話をしました。
(それがその後の「マシャズバー」になっていくわけですが・・・(笑))
殴り合いにはならなかったけどケンカに近いような言い合いもたくさんしたし
悩みに悩んだ事を思い出します。
そんな番組がなんと400回!
番組はどんどん変容し、いつの間にか自由も手に入れ
福山らしいおもしろラジオになっていますね。

僕は今、イベントの仕事で日本各地に行っていますが
たまに現場で「魂ラジ」リスナーに声をかけられます。
イベントのお客さんだけでなく、スタッフにもたくさんリスナーがいて驚きます。
この前なんか、宿泊したホテルのフロントの結構かわいいおねえさんに「失礼ですが、もしかして・・・。」と声を掛けられました。(笑)
地方の見知らぬ土地でこのような仲間と会えることは
僕にとってすごくうれしく、ありがたいなぁ〜と感じる瞬間です。
特にかわいいおねえさんならなおさらです。
そして「魂ラジ」リスナーが頑張って仕事しているのを見ると俺も、頑張んなくちゃななどと素直に思うわけです。
400回ってやっぱすごいんすよ。たぶん。

今回、林くんからこのアンケートの話をいただきほんとうにいろいろな事を思い出しました。
感慨深いです。

Q2.魂ラジを担当されていたときの一番の思い出は?

「魂のラジオ」を担当させてもらった当時は、魂ラジでも他の番組でも福山くんと一緒にいろいろやんちゃさせてもらいました。
酔っ払って放送したり、aikoちゃんを泣かせたり・・・。
(今でもたまにaikoちゃんとこの話になります。)
いろんな人に怒られましたね。
あらためて考えてみると「俺もよく会社をクビにならなかったなぁ。」と恐ろしくなるような事件がたくさんありました(笑)
実はあのころ他の番組のスタッフから
「福山のラジオのスタッフはなんだか高校生の不良グループみたいでこわーい。」
などと言われてたんすよ。
あと、そんなバカやりながらも、なんやらたいそうな賞ももらったりして「福山雅治はラジオ界の国宝」などと言われたりもして、なんだか、むちゃくちゃだなぁと思っていました。
でも、30過ぎたオトナがみんなで高校生のような時間を過ごせたあの時は
本当に楽しかったです。


Q3.最後に、今でも魂ラジは聴いてますか?

土曜日の夜は、大体のんだくれているもので
最近はほとんど聞けていません。
すんません。
でも、酒でどろどろな状態でタクシーに乗った時
たまに「魂ラジ」がついているときがあって
後ろの座席にごろんとしながら、運転手さんがちょっと笑ったりするのを見たり、
「魂リク」のうた、聞いたりすると、なんだかちょっとにやけてしまいます。
今度久しぶりにちゃんと聞いてみます。
つか、スタジオにあそびにいくよ。
投稿時間:2007-11-30 21:58:12
 
11月29日 スタッフ日誌
☆★第2代目:森ディレクターからのお祝いメッセージ★☆
Q1.魂ラジ400回記念!ということで、番組にメッセージをお願いします。
A1.400回。1回に約2回の電話として800回。
今時ちょっとしたテレクラマスターより電話をかけてますね。
ツーショットダイヤルの先駆けとしてはじまった魂ラジも400回ですか、
少しその長さにひきます。
マシャに飲まされてアミューズの先輩、
三宅さんの某4時間の生番組に二日酔いでいってバレた時くらいひきますね。
でそのアミューズに荘口さんが、ですか。
何か因縁さえ感じますね。
とにかく曲をあまりださないマシャとは全く思えない番組の総回数にただただ脱帽です。
プロフィールもそろそろアーティストからラジオパーソナリティ、でなく、
むしろラジオにしたらどうですかね?400回、ただただおめでとうございます。
アニキと呼ばれるのはマシャか阪神金本、
連続フルイニング出場記録に負けない放送回数をこの先、
きっと魂ラジで記録してくれるであろうこと、私、自信が確信に変わりました。
今後も変わりなくエロって頑張ってくださいませ。

Q2.魂ラジを担当されていたときの一番の思い出は?
A2.一番の思い出は、自分が人生で一番好きで、
よく聞いていたアーティストの番組を入社二年目くらいで、
チーフで担当することを告げられた瞬間ですかね。
力にあまりなれなかったことは残念ですが、
その後の自分のディレクター人生には一番の影響があったこともまた事実です。
感謝しております。
ゲストではあの当時の新庄をアメリカの本人に直電してブッキングしたことですかね。
まだマネージャーとかもちゃんといないメジャーリーガーとかありえなくて。
こんなメジャー級の存在感もまだないころでしたね。
しかし猪木さんとか大物ゲストのブッキングとかハードル高かったっすね。

Q3.最後に…今でも魂ラジは聴いてますか?
A3.毎週かかさずに聞いてます。とはお世辞でも言えませんが、今日は聞いてます。
投稿時間:2007-11-29 08:46:20
 
11月29日 小原信治の草の根広告社
魂ラジ通算400回目の放送を終えて。


 400回目の放送がほんの数時間前に終わった。午前3時24分、今僕は家の前にある行きつけの飲み屋さんで、二杯目のCAVAを飲みながらこの原稿を書いている。400回、400夜、400週、7年…。そんな途方もない時間に頭を巡らせるには、ほろ酔いなぐらいがちょうど良い。とは言えマズイこともある。最近の僕は年のせいか、酔うと怒りっぽくなるらしいのだ。酔うと何度も同じことも言うらしいのだ。てなわけでもう一度言うが、この原稿は放送終了後にひとりささやかな祝杯を上げながら書いている…。

「小原さん、来週の放送で400回なんですって!」
 そんな記念すべき日を知らせてくれたリスナーからのメールを手にした角銅ディレクターからそう訊いたとき、真っ先に頭に浮かんだのは、友達や魂ラジ以外の仕事仲間の顔だった。

 飲み会。合コン。同窓会…。世の中ではとかく土曜の夜に行われるその宴の席を、僕はこの7年間何度「ごめん、福山雅治さんのラジオがあるんだ」と断って来ただろう?そして、そのたびに「え?福山のラジオって日曜の夕方じゃないの?」と返されたことだろう。哀しいかな、僕と同世代の人間の多くが「魂のラジオ」を知らない。福山さんのラジオといえば、日曜の夕方にカーラジオで接触するFMの方なのだ。なんて愚痴はさておき、とにかく僕はこの7年間、数え切れないほどの土曜の夜の宴を断って来た。しまいには鼻っから誘われなくなった。「なんで誘わないんだよ」と文句を言うと、「だってお前、土曜の夜は福山のラジオなんだろ?あれ?福山のラジオって日曜の…」もういいだろう。
言いたいのはそんなことじゃない。僕が本当に言いたいのは、もしも僕が魂のラジオの構成作家ではなかったらということだ。もしもこの7年間、土曜の夜に合コンをしていたら、ということだ。びっくりである。仰天である。驚くなかれ、僕は400人もの女性との出逢いを失ったことになるのだ。愕然である。友達が土曜の夜に運命の相手と巡り会い、デートをし、挙げ句結婚式まで土曜に挙げている間、僕はずっとラジオのブースの中で、福山さんと荘口さんの話を訊きながら、バカみたいに笑ったり、感動したり、ともに怒ったりしていたのだ。
 そんなことを思いながら三杯目のシャンパンを飲み干し、目を閉じてそんなスタジオの中を思い浮かべる。そこには、いつもの仲間たちの顔があった。そして目の前には全国の”ラジオの前のあなた”からのたくさんのメールがあった。誰もが僕と同じように、土曜の夜に運命の相手と出逢う機会を失った同志たちだ。
 7年。400回。人によって過ごした時間は違うけれど、誰もが400人の女性たちとの出逢いを捨てたからこそ出逢えた、かけがえのない人たちだ。それは全く大袈裟なものではなく、僕の人生において、400人の女性との出逢いよりも大きな意味のある出逢いである。と断言しておこう。
 そうそう、言い忘れていたけど、感動屋さんの僕は酔うと熱いことを言うようにもなるらしい(^_^)v

 そんなわけで魂ラジ通算400回。
 福山さん、荘口さん、そして、ともに魂ラジを作って来た仲間たち、そして、支えてくれた全国の”ラジオの前のあなた”、本当に本当にありがとう。

 そして、土曜の夜の宴に現れる401人目の女性の方、ごめんなさい。あなたとも、また出逢えそうにありません。それでもあなたが僕と出逢いたいと言って下さるのなら、土曜の夜は、「福山雅治の魂のラジオ」という名の宴に参加して下さい。魂ラジはいつでもあなたをお待ちしています。

小原信治

追記
先週の草の根に書いた賞金100万円の使い道、たくさんアイデア頂きました。
そうそう、他でもない福山さんからもたくさん…。
それはまた、来週の草の根で。

投稿時間:2007-11-29 07:33:59
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.