福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2007年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
4月11日 魂ラジレポート
「東京タワー 〜ボクとラジオと時々オカン〜」第五話後篇

「生意気でバカでエロ」なボクは、無理をして自分のキーに合わない曲を歌い続けていた。
そして、デビューもしていないのに「声帯ポリープ」と診断され、入院。
術後一週間は筆談しかできず、
歌うことができるようになるまでは、なんと三ヶ月以上かかった。
それでも大きな声を出すことへの不安は、簡単には拭い去ることはできず、
今まで通りに歌えるようになるまでは、一年を必要とした。

「オレってホントに運がないんだな…」。
真っ白な天井を見上げながら、ボクはそんなことばかり考えていた。
せっかく「曲、作ってみろよ」とチャンスを与えられて、
「自分が本当にやりたいこと」を見つけたのに、
ボクは今、病院のベッドで寝ていることしかできない。
やることなすこと、全てが裏目に出てしまっているような気がしていた。

ボクは、退院後も相変わらずふてくされていた。
「甘ったれてんじゃねぇよ、バカヤロウ!」
白浜さんに怒鳴られたこともあった。

それでもなんとか、ズタボロの声で完成させたデビューアルバム、「伝言」。
しかし全てのレコーディングを終えた時、スタッフから新たな課題を突きつけられた。
「アルバムより前にシングル出したいんだけど、シングルっぽい曲がないなぁ」

そこで、急遽書き上げた一曲。
それがデビューシングル、「追憶の雨の中」
ボクの「はじまりのうた」だ。

「追憶の雨の中」作詞作曲 福山雅治 編曲 白浜久

 泣いてる空に 今も浮かびだす
 Rainy Day 始まりの風景が

 ためらいもなく 二人過ごしてた
 君が 僕を追い越すまでは

 いつも優しさに責められて
 言葉ひとつで傷つけてた

 求めあった日々は 陽炎みたいに

 駆けぬける雨の中
 君の声もかき消され
 2人の愛も流されてく
 追憶の雨の音
 見つめあったあの時も
 流されてく

1990年3月21日
そして迎えた、デビュー当日。
事務所からその日のスケジュールをまだ何も知らされていなかったボクは、
「もしかして3月21日はデビュー記念のサプライズパーティーとか?
 ラジオ出演?いや、もしかしたら、いきなりテレビ出演かも!」
…と、ひそかに期待に胸を膨らませていた。

しかし、改めて3月21日、デビュー当日のスケジュールを確認すると、
答えは「白」。
本当に、何のスケジュールも入っていなかったのだ。

---------------------------------------------------------------------------------
1990年3月21日。
少年がたどり着いた夢の到達点は、「ゴール」ではなく、
長い長い苦難の道へのスタート地点に過ぎなかった。

たったの2800枚からスタートした福山雅治は、
いったいどうやって、ミリオンアーティストに成り上がっていったのか?

「福山雅治版 東京タワー〜ボクとラジオと時々オカン〜」
次週、第六話をお楽しみに!
投稿時間:2007-04-11 21:04:19
 
4月11日 スタッフ日誌
この春上京する魂ラジリスナーC
僕はこの4月に上京しました。
去年に引き続き、今年の受験も失敗。
このまま家に居ても変わらない、親に甘えてどんどん駄目になってしまうと考え、思い切って決意しました。

東京で一人暮らしをしながらの浪人生活。
なるべく親に負担をかけないよう、勉強時間が削られるとは思いますが、バイトをしながら自宅学習をすることにしました。

上京の日は両親の顔を見ただけでなんだか泣きそうになりました。

福山さんと同じく夜行列車で行きたかったのですが、現在その列車はないので、長崎から福岡そして福岡から東京へ約16時間かけて一番安い夜行バスで行くことにしました。

ポケットには財布、そして靴下には僕の財産、魂ラジからいただいたクレージーホースのステッカー10枚を忍ばせて上京。
大家さんの人柄にひかれて契約した東京のアパート。
家電はそろいましたが、家具はまだです。
親には「安い布団を一式揃えた」と言いましたが、実は毛布1枚しか買っておらず、その毛布を半分に折ってその間に挟まって寝ています。
大事な勉強机と椅子はこれから探します。

新居に住んで2日目、近くの大学で入学式があったらしく、街は学生であふれ夜には賑やかな声が聞こえてきました。
駅で新入生を大声で見送る大学生、それに恥じながらも手を振る新入生の女の子。
その光景を見て思わず右手に持ったペプシNEXを強く握り締め、一気飲みして涙ぐむ自分。ちなみに童貞。

自分は何なんだろうと悔しい気持ちでいっぱいでした。
だけどこうなったのは自分の責任です。
この1年はかなり大変でつらいとは思いますが、自分で決めた道なので途中で挫折することなく、親への感謝を忘れず、目標に向かって最後までもがいてみます。

ちなみに5万円で欲しいものはやはり「勉強用の机と椅子」です。

(ポロリ 19歳浪人)
投稿時間:2007-04-11 09:11:53
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.