福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2007年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
3月24日 福山雅治インフォメーション
「十七年モノ」がWOWOWで放送決定!
WE’RE BROS. TOUR「十七年モノ」 WOWOW独占放送決定!!

現在進行中の福山さんのツアー「十七年モノ」。
そのライブの模様がWOWOWで独占放送されます!!
オンエアされるのは横浜アリーナで行われるライブの模様です。

放送日時 : 5月20日(日) 18:30〜21:00
※再放送は3回(スケジュール<未定>)の予定です。

どうぞお楽しみに☆☆

投稿時間:2007-03-25 00:55:38
 
3月24日 魂ラジレポート
舌で味わう「17年モノ」♪

3月21日、デビュー17周年を迎え、晴れて正真正銘の「17年モノ」になった福山さん。

そんな福山さんと同じ、「17年モノ」を今夜はご用意しました。

用意したのは舌で味わう「17年モノ」。

「17年モノ」の焼酎、そして「17年モノ」の糠床でつけた漬物です。
投稿時間:2007-03-24 23:43:08
 
3月24日 スタッフ日誌
キーワードは”17”
こんばんは☆今夜も魂ブロへようこそ!

そして『今朝』、魂ブロを見てくれたあなたはちょっとだけビックリしたのではないでしょうか?実はこういうことだったんです☆  *写真参照

新聞を見た福山さんが「おや?」と思って魂ブロへいくと「福山さん(本人)はこちらへどうぞ!」開くとそこにはお祝いメッセージが…

大人たちのちょっとしたサプライズが可愛いでしょ!? (笑)


“ちょっとビックリした”と言えば、今週、魂ラジには
「“とくだね“を見て…!」という方、そうでなくとも「風の噂で聞いたのですが、”とくだね”で…!」という方からメールが届いていました。
「え?何のこと??」とお思いのあなた、メールをくれた方の「!」の理由、それは・・・
3月22日、朝のテレビ情報番組“とくだね”のオープニングで福山さんのライブのことが話題になっていたからです。
この日、「福山雅治さんのライブを観に行ってね…」という話を番組冒頭から延々と語ったメインキャスターの小倉智昭さん。そしてそのバックには「東京にもあったんだ」が流れていました。

魂ラジに寄せられたのは「福山雅治」の名前と「東京にもあったんだ」を朝から意外なところで耳にできたことについての喜びの声だったのです。
そんな、小倉さんも感動したという福山さんのライブ、「十七年モノ」は現在横浜に上陸中。

横浜の話は横浜でのライブが全部終わった来週までお楽しみ…ということですが、今夜の魂ラジでも“何か”が準備されています。
ヒントは…“十七年モノ”。

今夜の魂ラジもどうぞお楽しみに(^^)y
投稿時間:2007-03-24 10:30:48
 
3月24日 スタッフ日誌
福山さん、デビュー17周年おめでとう!
拝啓
福山 雅治様

2007年3月21日、デビュー17年周年おめでとうございます☆
魂ラジスタッフ一同、心よりお祝い申し上げます。

「福山さん、デビュー17周年おめでとうございます。
同じ歳で同じ時期に同じ九州から上京した福山さん、僕にとって教師であり反面教師です(酔ったとき)。これからも、ミュージシャンであり、ラジオの国宝であり中年グラビアアイドルでいてください」   (荘口彰久)


「17年前の僕はまだ駆け出しのディレクターで、右も左もわからずにただスタジオの周りを走り回っていた記憶しかありません。
その頃も福山雅治の曲はラジオから流れていました。そして17年経った今もやはり福山雅治の曲はラジオから流れています。
17年もの間ラジオから聞こえ続けている曲が世の中にどれほどあるでしょうか。
それを考えると、道のりは決して平坦では無かったと思いますが、走り続けている福山雅治なんとタフなランナーであろうかと思います。そして17年間ラジオを愛してくれてどうもありがとう。これからもよろしく。」 (ニッポン放送 制作部 節丸 雅矛)



「福山さん、デビュー17さい周年おめでとうございます。
僕はこの春、入社10年モノになります。17年モノになる頃には今の福山さんとちょうど同じ歳になります。
「あと7年」を考えながら社会人17年モノになるまでを生きるのもいいなあ。
そんなことをライブを見ながら思いました。新鮮なキブンでした。
これからもカッコよくいてください。おめでとうございます。」
(ニッポン放送 制作部 高田陽平)


「福山さん、デビュー17周年おめでとうございます!
ニッポン放送の一年モノ、テイ林です。
入社一年目にしていきなり福山さんの17年モノの歌とトークを味わえて、本当に僕は幸せモノ!
これからも人気モノ福山さんについていきますモノ! 」(ニッポン放送 制作部 林 祐介)


「デビュー17周年おめでとうございます。
17年の半分以上もラジオをしているんですね!
もう、ラジオから離れらないカラダになっていますね☆
もう、ラジオの感触が、忘れられないカラダになってますね☆
これからも楽しく、ラジオしていきましょうね☆!! 」   (ミキサー 若林千真)


「10周年、15周年…そして、20周年、25周年というキリの良い節目は当たり前ですが、「十七年モノ」と改めて提示されてみて、17周年が表現する者にとって、また何か特別な節目であることに気づかされました。思えば、ぼくが放送作家としてデビューしたのも1990年でしたが、いつも年相応な時を刻み続けている福山さんは、同世代のぼく自身にとっても、身近でありながら、人生のリズムが狂いそうになった時の世界標準時のような(?)大きな存在です。
17歳、改めて、おめでとうございます。」   (構成作家 小原信治)


魂ラジリスナーからも本当に沢山のお祝いメールが寄せられています。
そちらもどうぞ楽しみにしていてくださいネ(^^)y

投稿時間:2007-03-24 10:02:26
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.