福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2007年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
2月13日 魂ラジレポート
魂ラジリスナーの「十七年モノ」参加報告〜大阪篇〜

先週、2007年2月6日の放送で電話出演してくださった、まきさんとゆうこさん。
お二人に共通していたのは「『十七年モノ』、大阪城ホールツアーに参加します!でも…」
という気持ちでした。

心が弱ってしまった、という大阪府のまきさんは、現在自宅療養中。
人混みに出ることが不安で、今まで病院以外の場所には外出できなかったといいます。
そんなまきさんが、2月7日の福山さんのライブに生まれて初めて参加!
福山さんに会うのはとっても楽しみだけど、周囲の人に迷惑をかけてしまわないか心配だ、と打ち明けてくれました。
以前道の真ん中で動けなくなってしまい、交通事故に遭ってからは、車椅子で生活しながら、リハビリをする毎日だというまきさん。
「車椅子でも大丈夫だからね、待ってるからね」という福山さんの言葉に背中を押されて、電話の最後には少しだけ元気が増したように感じました。

そんなまきさんから、ライブに参加した翌日、魂ラジ宛てにお手紙が届きました。
「福山さん、こんばんは。
先日は電話で励ましてくださって、ありがとうございました。
おかげ様で勇気を出してライブに行く事ができました。
それに、不安に思っていた事も、起こらずに済んだんです。
途中で抜ける事なく、最初から最後まで、見させて頂く事が出来ました。
何よりも嬉しかったのは、福山さんと同じ空間にいられる事を幸せに思えた事です。
病気や体の不自由さの辛さから、毎日落ち込んでいる事が多かった私は、
感動する気持ちを、どこかに忘れてしまっていたのかもしれません。
下を向いてばかりいた私に、生きる希望を与えて下さった福山さんに、感謝しています。
本当にありがとうございました。
福山さんに会いに行く事は、これから先もずっと、私の夢です。
一度でも多く叶えられる様に少しでも前を向いて、生きていけたらいいなぁと思っています。
いつかきっと、自分の足で歩いていける日が来る事も信じて…。」

人混みに出ることがどうしようもなく、不安。
そんなまきさんにとって、1万人以上の人が集まるライブに自分ひとりで参加した、
という行動を起こすこと自体、信じられない出来事だったのではないかと思います。
もしかしたら、あの日大阪城ホールで、誰よりも不安な気持ちを抱えていたかもしれない、まきさん。
でも、その行動を起こすきっかけとなった「気持ち」の部分は、誰よりも強く、
そして誰よりもライブを楽しむことができたのではないでしょうか。
とっても前向きで力強いメッセージ、本当にありがとうございました。

かわって、「大阪でのライブで、彼に本当の気持ちを伝えたい!」
という滋賀県のゆうこさんは、12年間付き合って同棲している彼と一緒にライブに参加。
しかし、4月から滋賀で働く予定のゆうこさんと、4月から東京に転勤する彼。
彼と一緒に行くのは最後になるかもしれない…といいます。
でも、本当は彼と一緒に東京へ行きたい、というゆうこさん。
ライブを通して、ゆうこさんの気持ちに何か変化はあったのでしょうか?

ゆうこさんからは、こんなメールが届きました。
「先日はありがとうございました。
あれから、ゆっくりいろんなことを考えました。
東京へ行きたい理由、彼に言えない理由、私はどうなりたいのか…いっぱい考えました。
ライブが始まっても言える気がせず、涙が溢れて曲を聴くのが辛いときもありました。
でも、ライブの最後にましゃが歌ってくれた、ある曲を聴いて、決心しました。
彼とは、今後のことをじっくり話し合うつもりです。
私は、ひとまずこっちで仕事を始めて、独り立ちできるように頑張ります。
彼とは別れたくないけれど、それで別れてしまうなら一緒に東京に行ったとしても、
そう遠くない未来にも別れることになるのかなぁ…とも思います。
今は、本当に彼に支えてもらってばかりです。
だから、仕事を頑張るというだけでなく、
彼をしっかり支えられる自分になることを決意して、私は滋賀で頑張ろうと思います。
ましゃの歌が、悲しくて聴けなくなってしまう…そんなことがないように、
しっかりとお互いに向きあい、これから先のことを二人で話し合いたいと思います。
ありがとうございました。」

放送でお話をお伺いしたまきさん、ゆうこさんだけではなく、
ライブを通して「昨日よりもちょっと変わった自分を、好きになった」
という方は本当に多いと思います。
歌、言葉、想い…ステージに立つ福山さんの、あらゆるところから放出されるパワー。
ファンの方々は、しっかりとそれを受け止め、力に変えているのだということが、お二人の言葉からひしひしと伝わってきました。
皆さんが感じた想いはまた、福山さんの活力の原点にもなっているのではないでしょうか。
「十七年モノ」ツアーは、まだまだ走り始めたばかり!
これからも応援、よろしくお願いいたします♪

追伸:「クレイジーホース大阪支部」より、大阪城ホールにお花が届いていました!ありがとうございました!
投稿時間:2007-02-13 13:15:13
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.