福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2007年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
2月12日 魂ラジレポート
福山雅治38回目のバースデーを語る!

「帰ってきたばい!」
ということで2月10日(土)の放送は、記念すべき“福山雅治38歳、初の魂ラジ”!
荘口さんとともに、しばらく魂のラジオは38歳コンビ
(自称・ちょっと老けたザ・たっち!笑)、ましゃ&荘ちゃんがお届けします。

さて、アンパンマンと同じ2月6日に、38回目の誕生日を迎えた福山さん。
38歳になった心境は?

荘口さん(以下S):38歳、どうですか?
福山さん(以下F):うーん、どうってことないけど…40(歳)だね…。
S:もう、一歩手前なかんじですね。マラソン選手でいうと、競技場に入ったかんじですよね〜(笑)
F:もう、完全にトラックに入ったね。
S:東京に来たばかりの頃、40代の業界人のこととか、どう思ってました?
F:…ずばり言ってもいい?「こいつ、終わってんな」と思ってました…。世の中から取り残されてるなって(笑)。でも今、僕もそう思われてるんだよなぁ…。
S:そんなことないですよ!福山さんは38歳になっても、20歳の女の子から性の対象として見られてますよ!!!今すぐでも抱いて、と思われてますよ?
F:本当!?? いいのかなぁ〜(大喜び)
S:もしかしたらカラダだけが目的かもしれませんよ?
F:いいねぇ〜(大喜び)

…と、38歳を迎えても若い女の子から性の対象として見られていることに、
思わずうかれる福山さん。
では、いよいよ本題に…。
バースデー当日、朝起きて大阪城ホールのステージに出てから夜眠るまで、
いったい福山さんに何が起きたのか?
魂ラジリスナーのためだけに、おもいきって暴露してもらいましょう!

S:じゃあ、まずは午前0時になった瞬間から…。一番に届いたメールは誰からでした?
F:うーん…アミューズ社長の娘さん…じゃないかな…。
S:おぉ!魂ラジファンと噂の!…あれ?山Pは?
F:ん?…来てない。
S:あれ?各界のセレブティからわんさかメールが来てたのでは?
F:男性の有名人からはね…海外はなんとあの人が!!!
S:誰ですか?
F:なんと…メールの送り主は、TSUYOSHI・SINJO!!!
S:おぉ〜。新庄さん、マメですね…。
F:男性はね、年をとればとるほど、どんどんマメになっていくんだよね。結構、女性よりも男の人の方が年をとると「プレゼント魔」になるみたいで(…と、男性のマメさについて持論を展開)

S:その後は会場へ?
F:そうだね、会場に行ったら行ったでもう、本番で何かあるってことはわかってるわけだから。あえて突っ込んだりはしなかったかな。
S:「ちゃんと用意してある?」とかは聞かないわけですね(笑)。会場の雰囲気はどうでした?
F:もうね、お客さんがビンビンな状態だった。
S:ビンビン?
F:うん、いろんなものが立ってた。とがってたよ(笑)
座席から立ってたのはもちろんなんだけど、熱気で湯気も立ってたし、もうね、デルタ地帯が完全に立ってた!(笑)
あの日は、とにかく湿度が高かったですね。
S:大阪城ホールが、しっとりと濡れていたわけですね(笑)
F:そうそう、湿度が高すぎて音も変わっちゃって大変だったのよ〜。
S:ライブ中はどうでした?
F:今回ケーキをね、運んできてくださったのが今いくよ・くるよ姉さんだったんですよ!
アテネオリンピックのときにお会いしたことがあったんですけど、
それから気にかけてくださってみたいで…びっくりしましたね!
S:ライブの後は何かスペシャルなことが?
F:打ち切り(ツアーの初日などに、「これから頑張っていきましょう」の意味を込めてみんなで乾杯するもの)を兼ねて、スタッフ全員と乾杯をしました!

そう、ライブの後には福山さん38回目のお誕生日をお祝いするパーティーが、開かれていたのでした♪
昔は「祝われ慣れしてなくて、誕生日を祝われることがまだどこか照れくさかった」
とのことですが、30代後半になってからは逆に
すごくうれしいと思うようになった、という福山さん。

ライブ後のパーティーの様子を、
2月6日当日ライブに参加し、大阪で「ひとつ屋根の下」最終回を見て涙を流した、
という小原さんに聞いてみると…

「僕らのような関係者の人と、ツアーのスタッフ全員で、
これからまだまだ先は長いですがツアー頑張っていきましょう、という意味も込めて、
福山さんのお誕生日をお祝いしました。
福山さんは次の日もライブがあったので、お酒は一滴も飲んでませんでしたけど、
皆で番組スタッフやツアースタッフからのメッセージビデオを見ました。
(もちろん魂ラジからもメッセージを送りました!)
ツアースタッフのお子さんや奥さんたちからも、
『福山さん、お誕生日おめでとう』と、かわいらしいコメントがたくさんあって、
すごく心があったまるパーティーでしたね」
とのこと。
まるで「Sandy」に描かれているような、
本当にほのぼのとしたパーティーだったようですね♪

さらに、話は進んで「38歳は『初老』なのか?」という話になり…
年を感じるときは?と荘口さんが尋ねると、
福山さんのお答えはなんと!
“左の眉毛の中に「異様に太くて長い、眉毛じゃないもの」がいること!”
その「毛」を、荘口さんがおそるおそる触ってみると…「イタっ!」
尋常じゃない硬さのようです!??(笑)
そのあまりの立派さに「この毛は触覚みたいに、何か役割があるんじゃないか?」
と、真剣に考え出す38歳コンビ。
38歳になると、体の昆虫化がじわじわと進んでくるみたいですね。

さらに今年は、福山さん自身も「ひとつ屋根の下」の再放送を楽屋で観た後に、
ステージへと向かったためか、
「ライブの初めの方は、ちぃ兄ちゃんの成分が入ってた気がする…」。
欲を言えば、
“開演前に会場の大画面で再放送を鑑賞して、感動のクライマックスを迎えた後に
「どーん」と「ちぃ兄ちゃん」ならぬ「ちぃおじちゃん」が登場する!
という構成にしたかった”そうです。
来年のバースデーライブが楽しみですね!(笑)

写真は、「5年モノ」のジャケットと同じ、福山さんの顔が描かれた
特製の「38年モノ☆ケーキ」です!
38歳になった福山さんの、新たな魅力にますます期待が高まりますね!
リスナーの皆さん、たくさんの“おめでとうメッセージ”を
本当にありがとうございました♪
投稿時間:2007-02-12 17:54:52
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.