福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2007年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
2月8日 小原信治の草の根広告社
今なぜ「ひとつ屋根の下(再)」なのだろうかと本気出して考えてみた。
 
 なぜ今、「ひとつ屋根の下(再)」なのだろうか?
東京以外の各地で続々とスタートしている再放送。どうやらこれは福山さんの全国ツアーのスケジュールに合わせたものらしい、という話が魂ラジでは定説(※関西テレビでは確かに福山さんの大阪4daysに合わせて再放送の編成を組んだと、知り合いの関テレのプロデューサーさんが言ってました)となりつつあるが、ぼくはそれだけじゃない、もっと深い理由を発見した。
 ぼくが大阪城ホールで行われた、福山さん38歳のバースデーライブに参加する為、大阪へとやってきていたときのこと。涙と感動のステージについては、明後日の魂ラジで38歳になった福山さん本人の口からたっぷり語って貰うとして、本題に戻ろう。
 久し振りの大阪、ぼくは約2年ぶりになるのだけれど、今回はのぞみで新大阪に着いた時から、重く立ちこめた雲のようなどんよりした空気を感じていた。
「なんだろう、いったい、この感じは」
 その感じは、ライブから一夜明けた午後。食い倒れで何か食べてやろうと行ったミナミで、ますます大きなものになった。自分勝手なおばちゃん。ダミ声のおっちゃん。右も左もノリツッコミ。そんな大阪特有の、溢れんばかりの人のパワーを予測していたぼくは、俄然拍子抜けした。ミナミには人が殆どいなかったのだ。店はぜんぶ空いているのに、閑古鳥が鳴いていた。お昼時だというのに、行列のできている店も皆無である。
「平日の午後だからかな…」
 そんな風に思いながら、お昼だというのに客がぼくひとりの店でビールで串カツを愉しみ、お腹いっぱいで乗り込んだタクシーの運転者さんが話してくれた。東京から来たぼくが感じていた、重い空気の正体を。
「大阪、元気ないやろ?」
 大阪は今、最悪だ、と運転手さんは言った。何って、景気がだ。売り上げがもっとも景気に左右される商売のひとつであるタクシーの運転手さんは、下手な経済アナリストよりも、土地土地の景気を肌で感じて知っている人種のひとりだ。普段から誰よりも街の変化を、そして人の顔や態度を見ているだけ、余計に。
「東京はバブルなんやろ?」
 今の大阪のタクシー運転手は東京のそれとは平均で300万円ほど年収に格差があるのだという。原因はいったい何なのか?
「大阪府が無駄遣いばっかりするからや」
 これは、今回の短い大阪滞在で乗ったタクシーの運転手さん全員が口を揃えて同じように答えていた。失敗に終わったオリンピック誘致の為に建てたたくさんのスポーツ施設や、地下鉄工事などの公共事業で大阪の財政は今破綻寸前なのだそうだ。
「結局しわ寄せはみんな市民に来るんやから、たまらんわ」

 その日、ホテルでお土産に買った”たこ焼き”を食べつつ、「ひとつ屋根の下(再)」の最終回を見ながら、閑古鳥の鳴いていたミナミの町を思った。小さな家の中で肩を寄せ合って暮らす柏木兄弟を見て、至極当たり前のことに気づいた。

「町に人がいないということは、家に人がいるということだ」

 「ひとつ屋根の下」が制作された1994年。東京はバブルが崩壊し、今よりずっと貧しかった。バブルの頃のように繁華街が人で賑わうこともなく、街は閑散としていた。人はみんな、家にいた。家にいるしかなかった。そんな荒んだ人々の心を救ったのが、「清貧」という言葉だった。バブルの時、家庭も顧みずに、街で快楽に溺れていた為に忘れていた「家族の暖かさ」を思い出させてくれた、「ひとつ屋根の下」だった。
「そこに愛はあるのかい?」
 あんちゃんのその言葉はいつも、金持ちに向けられていた。テレビの前にいる、バブル期に狂乱の夜を過ごしていた、ひとり一人に。

 そんなことを考えながら、ぼくは思った。
「ひとつ屋根の下」は今、大阪に、そして、各地に必要なんじゃないのだろうか、と。

 大阪の運転手さんが言っていたように、今、ぼくたちのいる東京は景気が良い。街には昼夜問わず、人が溢れている。それは裏を返せば、家に人がいない、ということ。家族が欠けている、ということ。

 東京は取り戻した「豊かさ」の代償として、また「大切なもの」を失うのだろうか?もう失ってしまっているのだろうか?もしもまた失ったとすれば、それに気づくのは何ヶ月後、それとも何年後だろう?
「そこに愛はあるのかい?」
 あんちゃんの言葉を、
「うさぎって淋しいと死んじゃうんだから!」
 小雪の言葉を、
「小梅の気持ち考えたらな!」
 そして、我らがちぃ兄ちゃんの言葉を、
今一番必要としているのは、本当はあの時代とはもっとも遠く離れてしまった、ぼくたち自身、いや、ぼく自身なのかもしれない。

小原信治

追伸
でも、大阪城ホールでみた「大阪」は、
そんな「感じ」を吹き飛ばすくらい、むっちゃ元気でした!!!




投稿時間:2007-02-09 19:18:25
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.