福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2014年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
10月22日 魂ラジレポート
今年も開幕!魂ラジアワード2014
今週、タモリさんが「菊池寛賞」を受賞されたことが話題になりましたが…
魂ラジにも、いよいよこの季節がやって参りました。

そうなんです!
その年に活躍された方、作品の中からスタジオに来てくれた方に贈られるという『魂ラジアワード』の季節がやってきたんです!

S「スタジオに来てくれる方じゃないと受賞できないっていうね。」
F「そうなんです。条件は、来てくれること。これはね、基本ですよ?(笑)」
S「でも、もちろん今年活躍された方じゃないとダメなわけですから。」

これまでに受賞された方々はというと…
2011年には秋元康さん、2012年には三浦和良さん・ももいろクローバーZの皆さん・ゴールデンボンバーの皆さん。そして昨年度は、映画『そして父になる』より是枝裕和監督とリリー・フランキーさん。

S「定着してきましたよね?業界内にもね。」
F「僕ね、思うんですけれども、こういうのはやっぱり続けるもんですよ。続けていくことで、『あ、あの魂ラジアワードの季節ね。』ってなるじゃないですか。」
S「『あの』がつくようになったと!」
F「だってさ、これ何の打ち合わせもなく、俺が放送中に言い始めた時に、荘口さんと小原さんが『は?』っていう顔したの俺覚えてるもん!『何言ってるの?この人?忙しくて頭おかしくなっちゃったかな?』って思ったでしょう?」

そんな感じでスタートしたこの『魂ラジアワード』も、いまや「これがなければ年を越せないでしょう?」と福山さんが言う程の恒例行事に。
豪華ゲストの方々が、番組に来てくださったからこそ成り立つこの賞は、
ゲストの方々に育ててもらった賞と言っても過言ではありません。

F「だからそういう意味ではね?『魂ラジアワード』と、彰久の特別企画のさ、年明けのグラビア、『今年はこの子を抱け!』っていうのもですよ。」
S「もうあれが、グラビア界では色々利用されて!」
F「利用されてるのはいいことじゃないですか。」

魂ラジでは、年末の『魂ラジアワード』とともに、年明けには毎年『今年はこの子を抱け!売れ筋グラビアアイドルカレンダー』が開催されています。
新年、福山さんの膝の上に乗せて欲しい、売れ筋アイドルカレンダーを、
荘口さんがランキングとともに一緒に紹介していくこのコーナー。
カレンダーはその場で福山さんが目を通し、水着のセレクトや、ポージングを厳しくチェック。その的確さから、その年のアイドルカレンダーの売れ行きまで左右してしまうことも、あるとかないとか…?

そんな『今年はこの子を抱け!売れ筋グラビアアイドルカレンダー』ですが、荘口さんは、なぜか物申したげなご様子。

S「色んなところで『福山さんに推されてる!』っていう風に出ていますけど、違う違う!私が推してるんだって!」
F「そこ言いたいの?あなた!(笑)」
S「その企画もやっぱり、続けてきたからこそですよ!」
F「そう、まあね、その企画を続けてきたのは、彰久の力なわけですよ。でもね、佐野ひなこさんや、紗綾さんとか、壇蜜さんを推したのは、たぶん僕です(笑)企画自体は荘口さんですけれども。」
S「アハハハハ!そう、だからその『企画』の部分がすっぽり抜け落ちて、単に福山さんが番組内で突然言い始めたみたいな感じになっていて。それがね、今やスポーツ紙とかにどーん!と載るようになっていて。」
F「そこでね、『この企画の発案者である荘口彰久が…』っていうのが出てきたら、逆にきな臭いでしょう?これ、アミューズか?ってなるでしょう(笑)」

毎年自腹でカレンダーを買ってきて、スタッフやリスナーの方々が半笑いで聞いている中、頑張ってこの企画を続けてきた荘口さん。
こんな不満がたまっていたようでした!(笑)
それに対して、福山さんはすかさず、
F「僕はね、荘口さんの思いに応えるべく、真剣にグラビアを語りますし、今でも真剣に見てますよ、グラビアを。」
とフォロー。

そんなお2人の努力の甲斐あって、この企画もついにグラビア界に浸透してきました!年初めの開催を楽しみにお待ちくださいね(^^)

さて、話はグラビアカレンダーにズレてしまいましたが(笑)、
今回開催されるのは『魂ラジアワード』です。

F「そういう意味では、魂ラジアワードからブレイクした人っていうのはまだいないよね。既にブレークした人が魂ラジアワードに来てくださっているわけだから。」
S「『今年大活躍された方』ですからね。」
F「だから、魂ラジアワードの中でも『新人賞』とか、『奨励賞』とかいった賞を用意することによって、『発掘』しましょうよ。」
S「ああ〜!たしかに!魂ラジに最初に目をつけられた、っていう。」

というわけで、例年通り、ラジオの前のあなたの意見を募集します!
2014年に活躍された人・作品を、ノミネートしたい部門とともに書いて送ってください。

魂ラジアワードのノミネートは、
masha@allnightnippon.com
まで。

今年の「魂ラジアワード」は誰の手に?!
たくさんのメールお待ちしております。

それでは、次回の放送もお楽しみに♪
投稿時間:2014-10-22 17:30:30
 
10月21日 魂ラジレポート
広がる!12.23男子限定ライブ草の根プロモーション計画

福山さんにとって「GNP」(「Good Nightプロモーション計画」)以来の、
ラジオリスナーによる草の根プロモーションが展開されている、
12.23野郎夜こと男子限定ライブ。
 
今週も「俺がやらなきゃ誰がましゃを守るんだ」という、
なんとも「男らしい」リスナーの皆さんからの涙ぐましいメールが届きました。

◯ラジオネーム:かずや(埼玉県)
「こん横浜メンズ館!僕も微力ながら、野郎夜ライブの草の根プロモーションをしております。僕は大学生ですが、授業は毎回異なる教室で受けています。そこで思いついたプロモーション方法は、自分が座った席の机に、『12月23日福山雅治男性限定ライブ開催!そして10月25日より魂のラジオHPにてチケット先行予約受付開始!詳しくは福山雅治オフィシャルサイトへ!』と書くことです。毎日多くの人が座るので、チケット購入につながらなくても、福山さんが男性限定ライブをすることだけでも知ってもらえたらと思います。もちろん僕も、友達を引き連れていきます!」

F「これ怒られるよ〜。これを推奨してるわけじゃ、ないからね?(笑)」
S「完全に愉快犯になっていますけれども(笑)」

涙ぐましい努力、ありがとうございます!
…しかし、机への落書きは、怒られてしまうのでやめましょう(^^;)

続いては…
◯ラジオネーム:ハマカゼ(神奈川県)
「こん草の根運動!サイレントリスナーでしたが、男子BROS.の熱さに感化され、8年ぶりにメールをします。僕の会社では毎朝朝礼があり、その日に日直に当たった人が基本的には仕事の話をすることになっています。自分の日直の日が回ってきたので、『これはチャンス!』と思い、『12月23日に福山雅治さんの男性限定ライブがあります。福山さんがラジオで、男子が集まるのか心配、と話していたので、職場の男性社員は是非参加してください。』と挨拶してきました。当然怒られましたが、会社の中であまり面識がなかった人と盛り上がり、3人でライブに参加することになりました!また、社内で『福山好き』として知れ渡り、福山さんの話題で盛り上がった際にはチケットの取り方の案内をする日々に。BROS.の力を見せつけてやりましょう。」

F「増えた!!!3人!(笑)これね、この男子は一応リクエスト曲を書いてきてくれていて。普段あんまりリクエスト曲を受け付けてないんですけれども、
ここまでやってくれているんで、かけましょうか。」

熱いリスナーの想いに動かされた福山さん。ハマカゼさんのリクエストにお応えして、工藤静香さんの『カーマスートラの伝説』をおかけしました。

徐々に広がりを見せつつある草の根運動ですが、
Twitter上には写真とともに、「こんな貼り紙をみつけた!」という声もあがっていました。

「忘年会お知らせ すっかり秋めいてまいりました。今年の町内男子青年部の忘年会は、12/23(祝)パシフィコ横浜で行います。福山雅治 男子限定ライブショー付き。ライブ後は伊勢佐木町(パシフィコ横浜の近く)で飲み放題をやります。男子会員は全員参加ですが、ご都合が付かない場合は、11月1日までに役員へご連絡お願いします。」

F「これさあ、チケット完全にとれる前提ってことでしょう?!(笑)しかもこれ、『福山雅治 男子限定ライブショー付き』ってわけだから、忘年会は飲み会がメインで、ライブショーは付録ってことだ(笑)」
S「どこの町会かはわかりませんが、こんなにアツい町会があったっていう。」
F「気にかけてくれてるんだあ。ありがとう。」

…ここまで強制力のある草の根運動は初めてでしたが、「これくらいの勢いでやってくれないと、1万8000人はたぶん埋まりませんよ、実際。」と福山さん。
メインは飲み会だったとしても、ライブショーはおまけだったとしても(!)、
嬉しいことにはかわりありません。

F「飲み放題、俺行きたいな(笑)」
S「様子も見たいですよね?!」
F「誰か、録ってきてよ!忘年会の様子。」

忘年会の中で、男子限定ライブの感想を話しながらお酒を飲む…
なんとも楽しそうな会です(^^)

大人の聖闘士たちはこんな努力をしてくれていますが、中学生だって負けていません!こんな涙ぐましい草の根運動をしてくれているようです。

◯ラジオネーム:まなぶ(静岡・中学1年生)
「ましゃ、こん聖闘士!僕は、あまり男子限定ライブを広められないけれど、学校の校内放送でましゃの『GAME』を流そうと思います!僕にはこんなことしかできません!」

◯ラジオネーム:みう(福岡県)
「こん放送部!初めてメールします。私はもう卒部しましたが、放送部に所属していました。今回の企画について聞いたとき、私も聖闘士で横浜をいっぱいにするために何ができるか、と考えていました。そこで校内放送という素晴らしいアイデアを聞き、私にもできると思いました。私も先生と相談して、毎日宣伝していきたいです。放送部にいて良かったなあと今回改めて思いました。これからもましゃを応援してます!」

F「ありがとうねえ、みんな!」
S「全国の中学生からも心配されていると。」
F「気分は新人だね!(笑)」
S「まさに草の根ですよ。」

さて、そんな盛り上がりを見せている性別限定ライブですが…

今週10月25日(土)23時30分より、ついに男子限定12.23「野郎夜」と、女子限定12.24「しちゃわnight♡」のチケット魂ラジ先行予約受付が開始です!

あなたの努力が、野郎夜ライブを成功へと導く鍵となりますよ!
まだまだ草の根活動報告、お待ちしております。

メールは
masha@allnightnippon.com
まで。

たくさんのメールお待ちしています♪
投稿時間:2014-10-21 12:56:30
 
10月20日 魂ラジレポート
「男らしさ」って、わかるかい?
生放送でお送りした今週の魂ラジ。
いつものように福山さんと荘口さんの軽快なトークが繰り広げられるかと思いきや、開口一番、「しかしいつ会っても彰久は元気そうだね。」と福山さん。

半袖のTシャツ1枚でスタジオに入っていた荘口さんとは対照的に、
カーディガンを羽織り、ストールを膝にかけた状態で番組がスタート。
「俺は弱まっている」と話すそのこころはというと…?

F「ホットスポットでウガンダに行った時に、マーケットに行ったわけよ。道路が土のままなんですけど、雨が降ったりとかして、びちゃびちゃで、ゴミも結構あって…っていうところの上に、野菜とかがそのまま置いて売られてあったりとかして。これ、俺食べるの無理だなっていうようなことがあって。俺の方が弱いんですよ。現地の人たちの方がタフなんです。」

普段、ほぼ滅菌された状態の環境の中で過ごしているという福山さんは、ホットスポットの旅を通して、自身が弱くなったなということを実感したそう。「日本という国に飼いならされた僕は、もう野生には戻れない」と言わんばかりの弱まり具合です。

F「じゃあ、弱くなったなりの(ラジオの)放送っていうのを。」
S「ちょっと待ってくださいよ!(笑)野郎夜を率いていくんじゃないんですか、あなた!パワーアップして、男どもを率いていかないと。」
F「そんなつもりはないよ。別に。」
S「ええええ!『おまえら!』『もっと来いよ!』みたいな感じじゃないんですか!」
F「普通に、『…元気ですか?』って。しかも『もっと来いよお前ら!』なんて言わないし、それ、なんなの?(笑)」
S「わかんないけど!(笑)ちょっと男らしさを出していくのかなと思って。」
F「それがキミの思う男らしさなんだ!じゃあ今日は『男らしさ』について語ってみる?」
S「男性が思う男らしさと、女性が思う男らしさは違うでしょうからね。」


という流れで、今週は「男らしさ」とは何か、リスナーの皆さんと考えていきましたよ!

まずは、男の考える「男らしさ」から。

◯ラジオネーム:あつや(新潟)
「僕は、『やる時にはやる』というのが男らしさだと思います。普段はどんなに頼りなくても、愛すべき人や大切な人がピンチの時は、自分の全てを投げ捨ててまで守る。これが真の男らしさです。これが、童貞の俺が語る、精一杯の男らしさです。」

S「全てを投げ捨ててまでも守ると。でも、そこまでのピンチってそんなピンチなんだっていう。」
F「そこまでのピンチには僕もなったことがないなあ。でも、それって僕らは、そこまで攻めたことがないってことですよ。そこまでピンチになるほど攻撃的になったことがないんだと思うよ。」

男性が考える「男らしさ」がこうなら、女性が考える「男らしさ」はこちらです。

◯ラジオネーム:ともちょ(大阪府)
「こん男らしさ!男らしさとは、一般的に言えば、『守ってくれる』『心が広い』『潔い』『エスカレーターに乗った時の立ち位置らへん』とかでしょうか。あと細かいところで言えば、運転中に急ブレーキを踏んだ時に、助手席の彼女のことをサッと手で押さえる、とかです。」

S「さっきの、あつやからのメールもそうですけど、『守る』っていうのがキーワードみたいですね。」
F「そうだね。『守りたい』という気持ちは大事だよね。」

しかし、ここ最近は「男性が女性に守られる」という傾向も見られてきた、と話すのは荘口さん。結婚式の司会をしていて、気がついたことがあるようです。

荘口さん曰く、昔は新婦が自分の家族に向けて手紙を書いた時に泣いていたそうなんですが(これは今でももちろんあることです)、月日が経つと新婦のお父さんが先に泣くように。そして今は、1番先に新郎が泣くことが多くなってきたんだそう。

S「新郎が我慢できなくて、結構号泣。そして、新郎が号泣するんで新婦が肩を持って支える、みたいなこととかもあったりして。」
F「でもどっか羨ましいことない?そういう風に人前で…奥さんの前とか、彼女の前で思いっきり泣くって、できないでしょう?なんか羨ましいよね。」

「男だから泣くな」と言われていた空気があったのはもはや一昔前のこと。
学校の教育も、だんだんに変わってきているみたいです。

さて、最近つながりでいえば、今巷で大人気なのが「壁ドン」。
相手の逃げ場をなくすために、壁際に相手を追い詰め、壁に「ドン」と腕をついて相手を囲む状態を意味するこの言葉。少女漫画やドラマのワンシーンなんかにも登場し、女の子の心を鷲掴みにしているとかいないとか…?

F「『壁ドン』みたいなことを、本当にするの?人は。暴力的じゃないですか、こう言うことをするのって。」
S「危ないですよねえ(笑)」
F「こんなことを現実に行う人はいるんですか?それで、女性は現実で、男性にされたいんですか?想像上のことをキャッキャ言って、盛り上がるっていうのはわかるんですけれども。」
S「本当に『壁ドン』をやられたら、女の子はきっと『はあ?』って言いますよ。」

「実際のところ、どうなのか?女子は現実と妄想は切り離して生きているのではないのか?」とそんなことを話していると、こんなメールが。

◯ラジオネーム:はるりんちょ(東京都)
「高1の女子です。今は、『壁ドン』だけでなく、『顎クイ』が流行っています。私は『顎クイ』したら、あとはもうキスだけだと思うんですが…。私の友達はこの間、壁ドンカフェに行っていました。イケメンの人形が『壁ドン』してくれるカフェです。私の友達はみんな『壁ドン』に憧れています。」

F「『壁ドン』はいつからきたんですか?もう言葉が一人歩きしてるから、言いたいだけみたいなところありますもんね。俺もそういうところ、あるもん(笑)」

今年に入ってよく耳にするようになったこの「壁ドン」ですが、
こんな驚きの情報を教えてくれたリスナーがいました。

◯ラジオネーム:ましゃみゅー(青森県)
「こん壁ドン!ましゃ、ドラマ『ホームワーク』で、自分で『壁ドン』したの覚えてないんですか?」

F「まじで?!」
S「昔やってたよって!」
F「まあでも役柄的には全然やってもおかしくない感じだけどね。音楽をやりたいっていう夢があるんだけどうまくいかず、彼女になかばヒモのような状態で。…経済力もないくせに『壁ドン』とかするの?それおかしくない?!(笑)よくそんな、強く出れるね。アハハハハ!」
S「そういうこと、考えずにやるんですよ。」
F「ヒモみたいな人がやってもいいの?『壁ドン』って(笑)」
S「わかんないですけど(笑)でも役柄で福山さんも昔やっていたっていう。」
F「ごめんなさい、覚えてないです。」

ネーミングがなかっただけで、昔からこういったシチュエーションはあったよう。皆さんは、『壁ドン』をされたこと(もしくはしたこと)がありますか?

今週の魂ラジ国民投票のテーマにもなっているので、是非された時(した時)はどんな感じだったのか、具体的なエピソードも書いて教えてくださいね!

投票はいつも通り、トップページより受け付けています。

メールは
masha@allnightnippon.com
まで。

明日のブログでは、全国に細々と、しかし着実に広がりつつある「野郎夜ライブ草の根プロモーション」の活動報告についてレポートします(^^)
お楽しみに!!

投稿時間:2014-10-20 15:23:47
 
10月19日 魂ラジレポート
【急募】男のマニアック自慢アポなしテレフォン出場者募集!
男子リスナーの諸君、お待たせしました!
12.23男子限定「野郎夜」ライブのプロモーション企画として、
『男のマニアック自慢アポなしテレフォン』の開催が決定しました!!

6月に開催して、大好評だったこの企画。

車やギター、オーディや鉄道にアイドル等のあなたがハマっている趣味に関するマニアックな知識から、
「鉄って何度で溶け出すか知ってますか?」など、
あなたが仕事で身に付けたマニアックな知識まで、
一般の方が聞いても「へぇー」と興味津々になる、
マニアックなウンチクを電話で自慢して貰おう、というものなんです!

あなたのウンチクで、福山さんと荘口さんを「へえ〜」と唸らせてみませんか?

エントリーの受け付けは
masha@allnightnippon.com
まで。

参加したいあなたは、【電話番号】と【マニアック自慢】を書いて、今すぐに送ってください!
たくさんのエントリー、お待ちしています!

投稿時間:2014-10-19 02:17:12
 
10月19日 スタッフ日誌
今週の更新予告☆
生放送でお送りした今週の魂ラジ。
冒頭から「男らしさ」のお話で盛り上がり、
草の根レベルで全国に広がる「男子限定ライブ宣伝プロモーション」の実情が明らかになり、
はたまた『魂ラジアワード2014』開幕のお話があったりと、内容盛りだくさんでお届けしました!
お楽しみ頂けましたか?(^^)


それでは今週の更新予告!

(月)「男らしさ」って、わかるかい?
(火)広がる野郎夜プロモーション
(水)今年も開幕!魂ラジアワード2014
(木)小原信治の草の根広告社
(金)国民投票結果発表☆


さて、「男らしさとは何か」についてのお話で大盛り上がりだった今週。
「潔さ」や「決断力」というキーワードが挙がる一方で、
「たくましい筋肉」や「腕の血管」、「道の車道側を歩いてくれること」など色んな声が聞こえてきました。
そして、最近流行りの「壁ドン」も「男らしさ」だという人もいたり、いなかったり…。

そこで、今週の国民投票のテーマはこちらです。

「あなたは、『壁ドン』や『股ドン』、『顎クイ』をした(された)ことがありますか?」

選択肢は以下の2つです。

・ある
・ない

【ある】と答えた方は、した(された)時にどんな感じだったのか?
実際にしてみて/されてみてどう思ったのか?
具体的なシチュエーションとともに教えてください!
【ない】と答えた方は、どんな感じでしてみたい(されてみたい)のかを書いて送ってくださいね。

メールは
masha@allnightnippon.com
まで。

たくさんのメールお待ちしています!
それでは、来週の放送もお楽しみに♪
投稿時間:2014-10-19 01:31:38
 
古い方へ
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.