福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2015年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
2月1日 スタッフ日誌
【メール募集】次週、「最後の大童貞祭」開催!!
いよいよ、来週2月7日(土)に迫った「最後の大童貞祭」。

今年の大童貞祭の目玉企画のひとつは、
当日、ニッポン放送イマジンスタジオでの「童貞聖歌隊」!
参加してくれる本物の童貞リスナーを、まだまだしています。

そして、「18歳以下の童貞も参加したい!」という声が多数寄せられたため、
新たに22時までの素材収録に参加して頂く、
「童貞シンデレラ枠」も追加受付することにしました。

こちらは22時までの参加となりますが、参加したい本物の童貞は、
【住所、氏名、年齢、電話番号と、「今あなたが童貞である理由」】を書いて、
masha@allnightnippon.com
まで、今すぐエントリーメールを送ってください。


また、『童貞聖歌隊』以外の企画がこちらです。

●童貞を卒業したい君の恋を応援する、『童貞恋愛相談』

●童貞にありがちな日常の1シーンを切り取った、『童貞あるある』

●恋愛に使う時間とお金を自分の好きな事だけに注いだ、童貞ならではのマニアックな知識を電話で披露してもらう、『童貞マニアック自慢』

童貞リスナーの皆さん!
あなたの恋のお悩みを、福山さんに相談してみませんか?

メールは
masha@allnightnippon.com
まで。

たくさんのメールお待ちしています!
「最後の大童貞祭」を、みんなで盛り上げていきましょう(^^)
投稿時間:2015-02-01 02:10:41
 
2月1日 スタッフ日誌
今週の更新予告☆
生放送でお送りした今週。
ラジオを聴いていながらも、今まで一度もメールを送ったことがない「サイレントリスナー」からのメールを募集したところ、たくさんの初メールが番組に寄せられました!
勇気を振りしぼってメールを送ってくれたあなた、ありがとうございました☆

それでは今週の更新予告!

(月)集え!サイレントリスナー!@
(火)集え!サイレントリスナー!A
(水)次週、「最後の大童貞祭」開催!
(木)小原信治の草の根広告社
(金)国民投票結果発表☆

「初メールです!」と書かれたメールがたくさん届いた今週。
業界人もたくさん聞いているというこの魂ラジ、
今夜もラジオ番組で働いている方や、新聞記者の方など、
バラエティに富んだ職種の方からメールをいただきました。

そんな今週の国民投票のテーマはこちらです。

「あなたは、魂ラジにメールを送ったことがありますか?」

選択肢は以下の2つです。

・あります!
・ないです!

魂ラジでは、引き続きサイレントリスナーのあなたからの「初メール」お待ちしています。

投票はいつもの通り、トップページより受け付けています。

メールは、
masha@allnightnippon.com
まで。


それでは、次回の放送もお楽しみに!
投稿時間:2015-02-01 01:57:53
 
1月31日 スタッフ日誌
「初メール」募集中!今夜の放送もお楽しみに(^^)
こん1月ラスト!!

1月も気がつけば、今日で終わり。
2015年もあっという間に過ぎていきそうな予感ですね。
昨日は、東京都心でも”初積雪”。
いよいよ本格的な寒さがやってきましたが、防寒対策、そしてインフルエンザ対策をしっかりとしてくださいね!!

さて、そんな今夜の魂ラジは…

ラジオを聴いているのに、今まで一度もメールを送ったことがないサイレントリスナーからの『初メール』を大募集。
【サイレント男子】のあなた!
ラジオを聴きながら思っていたこと、言いたかったこと、聞いてみたかったことを、番組にぶつけてみませんか?

メールは
masha@allnightnippon.com
まで。

たくさんのサイレントリスナーからのメール、お待ちしております(^^)
それでは、今夜の放送もお楽しみに!
投稿時間:2015-01-31 19:57:19
 
1月30日 スタッフ日誌
国民投票結果発表★
こんこん雪!!

早いもので1月ももうすぐ終わり。あっという間に2月です。
今年も気付いたら2016年が目の前だったりするのでしょうか…
一日一日を大切にしていきたいですね!!


では今週の国民投票!

【あなたは、人生計画を立てていますか?(いましたか?)】
・はい、立てています!(立てていました)
・立てていません…(立てていませんでした)
・その他


結果は以下のようになりました。
第1位 「立てていません…(立てていませんでした)」 210票
第2位 「はい、立てています!(立てていました)」 127票
第3位 「その他」 14票

沢山のご応募ありがとうございます。



それでは、投票を見ていきましょう!!



○ラジオネーム:ありさ (愛知県)

今週の国民投票「はい、立てています」に投票しました。
人生計画…しょっちゅうぼんやりと考えてしまいます。
仕事で追われているときも慌ただしいときでも考えてしまうんです。
そんな最近立てた人生計画はこの歳にもなって、当たり前の事が出来ていない自分が情けなく思います。
ですので弟が今年成人を迎え、再来年には社会人になる予定なので家族が落ち着いてから実家を離れひとり暮らしをしようかなぁ!とぼんやりと考えております。
周りは「彼氏つくって結婚したら?」「仕事よりも結婚した方が幸せだよ」と言われますが、結婚よりも今は仕事かな?って感じで願望がなくそれはそれで困っています。
とりあえずひとり暮らしを経験してみたいです。


○ラジオネーム:優子 (北海道旭川市)

立てていました、に一票です。
高校生の時に、ライフプランを考える授業がありました。
ぼんやりとですが、進学して、看護師になって働き、結婚はせずに、子どもだけは欲しい、というものでした。
授業がなかったら、考える事なく生きていたと思います。
考えていたライフプランはほぼ達成しました。
結婚には縁がないと思っていましたが、夫に出会い、考え方が変わり、結婚という選択肢を選びました。
最初のライフプランとは少し変わりましたが、結婚して良かったと思います。
いつもは言いませんが、夫にはいつも感謝しています。


○ラジオネーム:もこ (鹿児島県鹿児島市)

「人生計画を立てていない」に一票を投じました。

46歳になったばかりですが、小さい頃から計画通りなんてなった試しがありません。
まさか自分が一番好きになった人と結婚できるとも思っていなかったし、それがきっかけで、岡山から遠く離れた南国鹿児島に住む事になるなんて想定外だし。
寂しくなるのかなと思いきや、全然そんなこともなく、火山灰には時々悩まされるけど、それ以外は食べ物も美味しいし、あったかいし住みやすく
すっかり鹿児島のファンになってたり…

子供を二人授かることができましたが、二人とも超個性的で日々振り回されてるし、一緒にいたくて結婚して鹿児島までついてきたのに、主人は単身赴任だし…

人生、行き当たりばったりだけど、ましゃがつないでくれたご縁で、全国にいる素敵なハートの持ち主のファンの方々とネットでつながることもできたし、人生、場所ではなくて人との出会いだなとつくづく感じています。

計画を立てても、自分の力の及ばないところでどんどん状況は変わります。
臨機応変に楽しめる力を持つ方が人生楽しいのではないかなと思います。



○ラジオネーム:やさぐれ中年 (神奈川県横浜市)
「立てていません」。
人間関係という大きな壁に、いつも失業と隣り合わせでいる気持ちは、まさに毎日がその日暮らし的感覚です。
どんなに悔しさをぶつけても、当事者は正当化して排除されるだけ。わかりあえない、立場が弱いって残念ながらそんなもの。
でも、やさぐれてるだけじゃホントにむなしいから他人の幸せを願い、思いやりのある大人になってやろう!って思ってます。



○ラジオネーム:あゆ (愛知県尾張旭市)

こん国民投票!
私は人生の計画を大学の研修の時にしたことがあります。

始めの10年は1年ごとにどうしたいかを線引きして、あとは大まかに5年ごとに目標というか夢を書いて、人生のあらすじを考えました。
その時に計画した通りではないけど、自分の中では道筋があったので、なんかラクでしたよ。
そして、節目ごとに見直すというか、これからどうしたらいいか、たびたび考えます。



○ラジオネーム:つぶあんこ (福岡県大牟田市)

「その他」に投票しました。
今までの私の人生は、特に人生計画を立てることなく過ごしてきたような気がします。
しかし、人生の折り返しを過ぎた今、人生計画を立てて生きていかなくてはと思っているところです。
子供の成長を見届けたら、もうすぐそこに「老後」が待っています。
今からあとどれだけの時間働けるのか、どれだけの老後資金がいるのかをきちんと見極めていく必要があると思います。
「なるようになるさ」的に生きてきた今までとは違った生き方ができるようにしたいですね。



…沢山の投票ありがとうございました。


魂ラジはいつだってアナタのお便りをまってます!
メールはmasha@allnightnippon.com  まで。
お待ちしています!!
投稿時間:2015-01-30 18:51:00
 
1月29日 小原信治の草の根広告社
『空想の人生』
 
 旅の空の下、ふとした瞬間に、ここで生まれ育っていたらどんな人生だったんだろうと、ありもしない空想に耽ることがよくある。

 先週の福井でも、ホテルとコンサート会場とを往復するタクシーの中で、ぼんやりとそんなことを思った。
「福井で働いてる人間は、家建てないと一人前と見なされないんですよ」
 タクシーの運転手さんがそう教えてくれた。確かに車窓にアパートやマンションの類は殆ど見当たらなかった。見渡す限りの平野には一軒家と水田、そして遠くには雪山が連なっていた。
「まあ、土地がびっくりするくらい安いからなんだけどね」
 確かに都会と比べればそうなのだろう。しかも中小企業の本社がたくさんあり、正社員率も日本一高い。普通に働いているだけで、誰もが無理なく家を建てることのできる環境があるのだという。

 僕は米軍機が頭の上を横切る神奈川のマンモス団地で育った。そこでは多くの人が働いてお金を貯めて、余所に一戸建てを買うことを夢見ていた。頭金の貯まった家族から一抜け、二抜けと余所に転居してゆく、子供心にあからさまな経済格差を意識させられざるを得ないコミュニティだった。
「ずっとここにいたら、ダメになる」
 いつしか僕自身も、そこを出て「ここではないどこか」を探し求めた。自分の本当の人生のある場所を探す旅だ。そして、海の見えるこの場所に移り住んでもなってもなお、その旅は終わっていない気がしてならない。人は生まれた場所を選ぶことはできないけれど、人生を終える場所は自分自身で探し出し、決めることができるからだ。生まれ育った場所が気に入らなかったのであれば、なおのこと。

 そんなことを思っていた僕に、タクシーの運転手さんが言った。
「同じ北陸でも金沢や富山と比べて、新幹線が来ると仕事が東京に流出するから嫌だって人間も福井には多いんだよね」
 福井に感じた心地良さというか、地に足のついた幸福感は、グローバリズムという怪物に飲み込まれる前の日本だったのかもしれないと思った。そして、ここで生まれ育っていたら、「ここではないどこか」を探し続けるという終わりのない旅に出たりしただろうか。生まれ育った場所に疑問も不満も持つことなくずっと同じ場所で暮らすことができたらどんな人生だったのだろう。

 兎にも角にも、1994年に「福山雅治のオールナイトニッポン」で構成作家をやるようにならなければ、そして、福山さんから全国ツアーに誘って貰わなければ、日本全国ここまで色んな場所を旅させて貰うことはなかっただろう。そして、これほどたくさんの場所で、ここで生まれ育っていたらなんて、空想することもなかっただろう。
 
 手に入らなかった幸せと、手放してしまった大切なものを思い出して、少しだけ切なくなる、そんな空想に耽ることも。

小原信治
投稿時間:2015-01-29 23:43:52
 
古い方へ
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.