福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2014年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
4月20日 スタッフ日誌
今週の更新予告☆
全国ドームツアー中のため、LOCK!ONでお送りした今夜。
魂ラジリスナーから届いたアルバム『HUMAN』の楽曲への感想&質問メールをたっぷりとお届けしました。
あなたはどの楽曲に共感しましたか?(^^)


さて、放送中にもお話がありましたが、アルバム『HUMAN』2週間連続1等賞獲得を記念して、
【自腹プレゼント企画】を開催することが決定しました!

福山さんから直接電話がかかってくるこの企画。
ツアーグッズなど+福山さんの2万円で購入したプレゼント(未定)をGETできちゃいます!


参加したい方は「この春起きた悲惨な話」と「電話番号」を書いて、番組まで送ってください。
いつ電話がかかってくるかはわかりませんよ☆
エントリーをお急ぎくださいね。


それでは、今週の更新予告です。

(月)祝『HUMAN』V2達成☆
(火)『HUMAN』大反響スペシャル
(水)スターズ・オン・アイスに「ヤバいよ!」
(木)小原信治の草の根広告社
(金)国民投票結果発表☆


さて、先日Twitterで、同級生と飲みに行き、酔っぱらい電話を元フェニックスのメンバーにかけた、と呟いていた福山さん。
今夜は、その時の様子を語って頂きました!久しぶりの同級生との再会は、とっても楽しかったようです…!

そこで、今週の国民投票のテーマはこちらです。

「あなたは、昔の同級生と会いますか?」

選択肢は以下の4つです。

・「頻繁に集まります!」
・「たまに会います」
・「全然会わなくなってしまった…」
・「その他」

「同級生と久しぶりに集まったらすっかり変わっていて全然わかりませんでした」
「月に1度は決まった場所で集まっています」
など、具体的なエピソードも教えてくださいね。

投票はいつも通りトップページから受け付けています。

たくさんの投票お待ちしています!
メールは
masha@allnightnippon.com
まで。

来週の放送もお楽しみに♪

投稿時間:2014-04-20 01:40:05
 
4月19日 スタッフ日誌
今夜の放送もお楽しみに(^^)
こんV2!
ニューアルバム『HUMAN』が4月21日付けのオリコン週間アルバムランキングで首位を獲得。
男性ソロアーティストのアルバム2週連続1等賞は、桑差佳祐さん以来1年8ヶ月ぶりだそうです!

そんなアルバム『HUMAN』を引っさげて始まった、
FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 HUMAN

本日は京セラドーム大阪公演初日です!
久しぶりの地方公演、京セラドーム大阪でのライブは13年ぶりなんだとか。

今夜の放送では、2週連続アルバム1等賞を頂いた、
ニューアルバム『HUMAN』に収録されたそれぞれの楽曲に関して、
全国のリスナーから届いているたくさんの感想・質問メールをご紹介します。

そして引き続き、アルバム『HUMAN』感想&質問メールやライブツアーの感想など、皆様からのメッセージも大募集!

メールは
masha@allnightnippon.com
まで。

大阪ドームに参戦された方は、福山さん三昧の1日をお楽しみくださいね!
今夜の放送もお楽しみに♪
投稿時間:2014-04-20 01:34:06
 
4月19日 スタッフ日誌
「国民投票結果発表&放送予告★」
こんV2達成!
ニューアルバムがオリコンアルバム週間ランキング
2週連続首位を獲得という自身初の快挙を成し遂げた国王。
今週も感想メールや楽曲の制作秘話をたっぷりとお届けします。
お楽しみに♪


では今週の国民投票!


【あなたは、何をしながら魂ラジを聞いていますか?】
・勉強/仕事をしながら
・車/電車の中で、移動中に聞いています
・魂ラジのみに集中しています!
・その他

第1位 「魂ラジのみに集中しています!」       449票
第2位 「その他」                   205票
第3位 「勉強/仕事をしながら」           68票
第4位 「車/電車の中で、移動中に聞いています」   16票


沢山のご応募ありがとうございます。

それでは、投票内容を見ていきましょう!!


○ラジオネーム:ひまわり(奈良県・21歳)
私は、『その他』に投票しました。
私はいつも、お風呂上がりのスキンケア・ヘアケアをしながら魂ラジを聴いています。
毎週土曜日の夜は、魂ラジが始まる直前にお風呂に入ります。
そこから、魂ラジに間に合うようにお風呂から上がって、肌のお手入れをしたり、
髪を乾かしたり…その後はストレッチなど。
ただ、90分もかけて自分磨きをするのは土曜日だけ。
いつもは10分で終わりです(笑)




○ラジオネーム:さとこ(千葉県・23歳)
私は勉強しながらいつも魂ラジを聴いています!!
最近、仕事に対するスキルアップと転職のために資格を取ろうと思い、勉強を始めました。
ただ、仕事から帰宅して疲れて眠い中、勉強すると…
気づいたらうとうととしてしまう時もあるのですが、
魂ラジを聴いている時は明るい2人の声で目がさえて勉強がはかどります!!
ただ、面白い話だと笑っちゃって手が止まっちゃいますが…(笑)




○ラジオネーム:さとみん(香川県・26歳)
今回の国民投票は、「魂ラジのみに集中しています!」に投票しました。
魂ラジ放送の翌日も仕事のことが多く、しかも朝が早いので、
魂ラジの時間帯には布団に入って聞いていることが多いです。
部屋も暗くしているので、魂ラジのみに集中しています。
ましゃの低音ボイスが子守唄のように聞こえ、
集中して聞いているつもりでこれではいかん!と思っているんですが、
途中で眠ってしまっていることも最近多くなっています・・・。
部屋のラジカセで聞いているのですが、
イヤホンとかで耳にダイレクトにましゃと荘口さんの声が入ってくる感じで聞くようにしたら
眠らなくなるかなと今、考えています。
毎週完聴できるように色々試していきたいと思います。




○ラジオネーム:みえ(兵庫県・40歳)
「ラジオに集中しています」に投票しました。
私はベッドに入ってイヤホンをしてラジコで聴いています。
眠りに就くまでの時間、ましゃの声に包まれて癒されながら至福の時を過ごします。
ラジオが終わってましゃの声にの余韻に包まれながら眠れる土曜日の夜が好きです。
最近では生放送中、ツイッターもチェックしながら、
書き込みもしながらなので生放送だと忙しくしています!




○ラジオネーム:みのり(北海道・21歳)
私はその他に一票です!
ラジオをしっかり聴きたいとき(初フルぶっかけ、楽曲説明等)はラジオの前で集中しています。
みんなと盛り上がりたい時は、Twitterでましゃ友さんと語りながら。
仕事が23:30に終わる番の時は、急いで着替えて車までダッシュ。
家まで車の中でラジオ聴き、CMの時を狙って車を降りて家の中に入り、ラジオタイム。
その日その日で違うのですが、どんな聴き方をしても幸せな時間です!!




○ラジオネーム:さおり(埼玉県・22歳)
『魂ラジのみに集中しています』に投票しました!
土曜の日中は外出することが多いのですが、
必ず魂ラジの前に帰宅し溜まってしまった家事を必ず済ませておいて
お風呂にも入り全て綺麗な状態で魂ラジに集中しています!笑
何かをしながら魂ラジを聴くのは嫌なんです。
…というより魂ラジに集中しすぎて何も手がつかなくなってしまいます(笑)
もう魂ラジリスナー歴も10年位になりますが、
昔から魂ラジを聴く時は部屋でひたすら集中して聴いています。




○ラジオネーム:こりん(神奈川県・17歳)
私はその他に投票しました!
ちなみに私は、スマートフォンでTwitterを開きながら
ラジオで魂ラジを流して聴いています(^-^)
フォロワーさんとの魂ラジ中のやり取りが週末の癒しにもなってるからです!!
また福山さんや荘口さんのつぶやきも気になるのでついついチェックしています。(^-^)/
魂ラジ中のつぶやき、楽しみにしています♪




○ラジオネーム:えり(岡山県)
私は魂のラジオを聞くときは、一人で枕元に録音付きラジオを置いて
部屋を真っ暗にして聞いています。
ましゃの声に癒され、時には気づいたらオードリーまでいってることがありますが、
布団で聞くましゃの声は幸せな時間をくれています。


次回の国民投票もお楽しみに!
投稿時間:2014-04-19 00:50:04
 
4月17日 小原信治の草の根広告社
『昭和やったね』
 
 週末、久し振りに里山の畑で汗を流した。夏野菜の苗を定植する為に必要な土作りだ。ひとしきり耕したところで、鍬を放り出し、腰を伸ばす。山の上から吹き下ろすやわらかな風が額の汗をぬぐってくれる。ウグイスの鳴き声と川のせせらぎ。ほかには何も聞こえない。雲が流れる音まで聞こえそうなくらい、静かな午後だ。

 ここで畑仕事をしていると、いつも「懐かしい未来」という言葉を思い出す。
「懐かしい未来」
 スウェーデンの女性環境活動家ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ氏の著書のタイトルだ。自給自足生活を営んでいたヒマラヤの辺境ラダックに近代化の波が押し寄せる。経済と開発が伝統的な暮らしを破壊し尽くし、それまで存在していなかった「貧困」を生み出した後、人々が選んだ未来は、というルポルタージュだ。

 人々がそこで何に未来を見出したかはタイトルを見ればいわずもがなだろう。
僕自身、農業と出逢い、海と里山のあるこの町で暮らすことを選んだせいか、同じような「懐かしい未来」を目指して生きている人や地域を数多く目にするようになった。だからなのだろうか。少年時代を過ごした故郷長崎の風景を歌った福山さんの「昭和やったね」を聴いて「過去のことを歌っているのに、未来のことのように聞こえる」と感じたのは。

 山を切り崩した造成地に建てられたマンモス団地で僕は育った。公園の人工的な緑や家庭用排水で汚れた川が僕の昭和だ。本来、懐かしいと感じるべきはそちらの風景だ。昭和の里山の風景を、僕は知らない。だから今、目の前に広がっている海を望む里山のこの風景は、そして「昭和やったね」で描かれている昭和の風景は、僕にとって懐かしいものではなく、今であり、未来だったのだ。

 そんな「なつかしい未来へ」という価値観は、復興に取り組んでいる東北でも広まっているという。都会のスマートシティとともに、「昭和やったね」のような風景もちゃんと存在する未来であって欲しいとこの曲を聴きながら改めて思った。

 畑仕事を終え、家に帰って鏡を見たら、顔がじんわりと日に焼けていた。
 夏はもうすぐだ。

小原信治
投稿時間:2014-04-18 07:13:27
 
4月16日 魂ラジレポート
『HUMAN』1等賞スペシャル
4月2日に発売になった5年ぶりのオリジナルフルアルバム『HUMAN』が、前週に引き続き4月21日付けのオリコン週間アルバムランキングで首位を獲得!自身初の2週連続1位に、福山さんもTwitterで「人生初の2週連続アルバム1等賞!」と喜びの呟き。本当に、本当におめでとうございます!
さて、今週の魂ラジは、『HUMAN』1等賞獲得記念スペシャルと題して、ニューアルバムからまだ魂ラジではかけていなかったあの曲とあの曲を、福山さんの生解説付きで、魂ラジ初フルぶっかけいたしました。


まず1曲目は…『246』
タイトル発表以来、番組には「シングル『東京』の続編なのではないか?」という予想も寄せられていたんですが、その真相はというと…


F「たしかに『東京』の中にも『246』という言葉が出てきているんですけれども…。これね、ズバリ言ってもいいですか?すっかり忘れてました。(笑)」

F「無意識レベルで、『自分』というものが登場人物として繋がっているんでしょうね」と話す福山さん。『246』は、以前魂ラジでもお話があったように、「東京の大動脈」とも言われる国道246号線を歌った曲なんです。


そんな『246』では、演奏で使っているのはギターだけ。使用ギターは、1940年製のMartin D-21と、1958年製のGibson ES-335なんだそうなんですが、後者のギターは、福山さんにとって「いい出会い」のあった1本だったそうで…


F「1958年は、GibsonがES-335を作り出した初年度で、これ『1回見たいな』って思っていたES-335なんです。楽器屋さんにこのギターがあることを知っていたので、これをちょっと持ってきて貰ったんですよ。で、その日のうちにこれをレコーディングしたんですよ。これフレーズ弾くんだったらES-335がいいなあ、って思って。」



サンバーストというカラーのこのギター。(木目になっていて、外側がちょっと黒っぽくなっている、グラデーションがかかっている色を指すそうです!)
「この58年製のギターの音に導かれるまま弾いたのが、このフレーズなんです」と話す福山さんは、なんとこのギターを、その音色とフレーズに導かれるままに購入してしまったんだそう!

「その日の夜にちょっとこうお酒を飲んで、酔って決断したと思います。酔いに任せて。という、僕にとっては非常に楽器とのいい出会いもあった1曲です。」


そんな福山さんですが、以前にもインスピレーションを感じてギターを購入した経験がおありのようです。


F「前回のアルバム『残響』の中に入っている『phantom』という曲は、(1960年代後半に出た)ピンクペイズリー柄のテレキャスターで弾いているんですね。それも楽器屋さんで見つけて。『これちょっと1回借りて、試奏いいっすか?』って持っていって、デモテープを作って。『phantom』という曲のコード進行と、フレーズが生まれてきて、導かれるままに曲ができ、導かれるままに買っちゃったんだよね。」

そしてそのインスピレーションは、音だけに感じ取っているわけではないそう。


F「ビンテージギターっていうのは、コンディションが本当に千差万別なので、フレット(ギターの指板上に打ち込まれた棒状の金属のこと)の残り具合でも全然違いますし。」
S「ずっと押さえているとやっぱり減っていくんですね?」
F「削れて減っていくんですよ、やっぱり。あとネック自体の反り方。弦で引っ張られているので、およそ70kg強の強度がかかっていると言われていますよね、アコースティックギターだと。それで、当然元々持っていたオーナーの弾き方や管理の仕方によって、音の鳴り方が違ってくるので。」


と、ギターへのこだわりを語る福山さん。
そんなギター好きの福山さんによる、今週初フルぶっかけをしたもう1つの曲『Cherry』は、ギターを歌った歌でした。
タイトル発表以来、『Cherry』はあの『桜坂』の続編なんじゃないか?とも予想されていたこの楽曲。ギターへの愛とともに、製作裏話をたっぷりと語って頂きました。


「『Cherry』で使っているギターも、『246』で使っているものと同じGibson ES-335なんですよ。でも色が赤なんです。サンバーストじゃなくて。色が違うんです。」

福山さんが今回のレコーディングでメインで使っていたのは、エリック・クラプトンが「クリーム」時代に使っていた1964年のGibson ES-335の復刻版。
このギターは、購入するクラプトンが支援しているアルコール依存症の更生施設にいくらか寄付されるというものだったそう。かつてクラプトン自身がアルコール依存症から立ち直ったという経緯があり、支援するっていう意味も込めてられたこのギターですが、福山さんは2005年に購入されたそう。


S「いわゆるその…レプリカ的なものなわけですよね?」
F「傷もクラプトンと全く同じように付けてあるわけですよ。でケースも、クラプトンの使っていたケースと同じように。」
S「古びていた感じで?」
F「若干。本物を全く同じように採寸して、完コピしたやつで、よくできているんですよ。」

と大絶賛していました。
しかし、歌詞がこういう風になるとは全く考えていなかったそうで、曲を書いていたら『Cherryになっちゃった』んだとか!


その歌詞の中に出てくる、『ウーマントーン』という言葉。
『ウーマントーン』とは、「高音低音を、つまみで調節できるんですけれども、それをゼロにした状態でオーバードライブさせて鳴らす音」だと説明する福山さん。クラプトンが弾いている音として有名なんだそうです。



S「どんな音になるんですか?」
F「えーっとですね、『Sunshine Of Your love』という曲があるんですよ。あの曲で鳴らされるフレーズの音が、『ウーマントーン』と呼ばれています。
で歌の中に『ウーマントーン』という歌詞が出てきちゃったもんだから、歌入れが終わった後に、ギターの何カ所かをウーマントーンで録り直したんですよ。」
S「なるほど!」
F「そうやって録り直さないと、嘘になるなと思って。『ウーマントーン』って歌っているのに、鳴ってないじゃん!って自分でセルフツッコミをして。」

「ウーマントーン」に加えて、『Cherry』にはギターアンプの機種が3機種出てくるそう。この歌詞についても、福山さんのこだわりがありました。

F「Diezel(ディーゼル)、MATCHLESS(マチレス)、Twin Reverb(ツインリバーブ)って出てくるんですよ。『DiezelもMATCHLESSもTwin Reverbも君に首ったけ』っていう。まあ、『君』っていうのはCherryのことなんですけれども。今回のレコーディングでずっと使っていたのは、DiezelとMATCHLESSと、同じフェンダーのギターアンプでも、Tone Master(トーンマスター)を使っていたんですよ。Twin Reverbじゃなくて。」
S「ということは?」
F「で、2バージョン作ったんですよ。『DiezelもMATCHLESSもTone Masterも君に首ったけ』っていうのと、『DiezelもMATCHLESSもTwin Reverbも君に首ったけ』…どう考えても、Twin Reverbの方が言葉のノリがいいから、Twin Reverbで数カ所録り直したんです。」
S「それはだって…もう、わかんないでしょう?たぶん。」
F「わかる人にはわかるんじゃないかなあ。いや、Twin ReverbかTone Masterかっていうのは、わかんない。これはわかんないと思うけれども、ウーマントーンで鳴っているか鳴っていないかっていうのはわかる。なので、看板に偽りなし、っていう曲にするために、歌入れが終わった後完パケしているのに、『ミックス中断して、録り直してもいいですか?』って。」


3月下旬の魂ラジでも、「音は、できました」と話していたり、間に合うんですか?と聞かれ表情を曇らせていた福山さん。ギリギリまでかかっていた原因が、
やっと明らかになりました!

F「『Twin Reverb』って言ってるしな、って思って。で、僕ちゃんと持ってるわけですよ。持ってるから、じゃあツインも使わなきゃ、ウーマントーンにもしなきゃっていう。これぞ、看板に偽りなし。」


そんな生解説付きでお送りした『Cherry』いかがでしたか?
番組では、ギター好きなあなたからの使用ギターに関するマニアックな質問もお待ちしています。

メールは
masha@allnightnippon.com
まで。

来週の放送もお楽しみに♪
投稿時間:2014-04-16 23:02:34
 
古い方へ
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.