福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2014年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
10月31日 スタッフ日誌
国民投票結果発表&放送予告★
こんハロウィン!!

ことしもハロウィンがやってきました!
街で仮装を見かけるのも、だんだん慣れてきましたね!

と、言うわけで今週の国民投票!

【今年のハロウィン、あなたはどう楽しみますか?】
・仮装します!
・部屋や会社をハロウィン仕様に飾っています
・特に何もする予定はありません…
・その他

結果は以下のようになりました。
第1位 「特に何もする予定はありません…」 422票
第2位 「部屋や会社をハロウィン仕様に飾っています」 52票
第3位 「その他」 46票
第4位 「仮装します!」 21票

沢山のご応募ありがとうございます。

それでは、投票を見ていきましょう!!

○ラジオネーム:あや (バンクーバー)

今週の国民投票、「仮装します」に投票しました。
今、カナダに在住しているのですが街中がハロウィンモード一色です。
お店やお家がハロウィン仕様になっていて、日本ではなかなか見られない光景です。
今年のハロウィンは仮装をしてパーティーに参加します!
現地の人たちの仮装は相当レベルが高いみたいなので楽しみです。


○ラジオネーム:まこまないつ (北海道)

うちは、全くハロウィンをしません。

いまいちハロウィンの意味がわからないというのもあるし、
なんか、大人になってから新しいものに手を出すことが、面倒というか…
街の飾り付けは可愛いと思うんですけどね。でも、自分では飾ろうとしないです。

もともと、イベントに対する情熱が薄いので、クリスマスも子どものために
やってる感じです…。
イベントはクリスマスと、誕生日だけで充分かなーと思ってます。



○ラジオネーム:あき (東京都荒川区・43歳)

特に何もしません…に一票です。

イベント事にはノッてけアゲてけ!と、一人でも見知らぬ方々と盛り上がれる
タイプですが、ハロウィンの予定はありません…。
年代的に、ハロウィンは学祭の一部のサークルしかやらないくらい、
あまり馴染みのない世代なので、「やりそびれた」…というか、
やるきっかけが掴めてません。

でもハロウィンといえばアメリカでは4500億円市場、日本でも1000億円市場になると
言われているだけに、円熟な社会人世代としても見逃すわけにはいかない気持ちに
なってきた昨今です。

そんな世情やノリたいけどノリきれない世代の気持ちも汲んで、
是非、魂ラジでみんながハロウィンの仮装で参加するようなイベントを、
来年は企画して欲しいです。



○ラジオネーム:まおち (青森県青森市)

「何もしません」に一票です。

昨年はこの時期に子どもと一緒に千葉の夢の国へ行ったので
ハロウィングッズを買ったり、ハロウィン限定メニューを食べたりで盛り上がりました。

今年は、子どもたちはお店のハロウィンのディスプレイを見て
「ハロウィン!」と勝手に盛り上がっているようですが
今年はどこにも出かける予定もなく、何もしません。



○ラジオネーム:パンプキン大福 (神奈川県横浜市)

すぐ片付けられる様な小さな物を部屋に飾りますが、特に何もしていません…。
ここ数年、この時期の週末は地域で盛り上がる様で、ピエロやスケルトンなどに
仮装した子ども達がお菓子をもらって店から出てくる姿を見かけます。



○ラジオネーム:mi (大阪府)

「何もしません」に一票です。

国民投票のお題を見て、あ、そうだ!と思い出して、
カボチャ仕様の菓子器や小鉢を出したり、植木鉢にハロウィンのピックを
飾ったりしましたが、ほんの気持ちだけのデコです。

やっぱりクリスマスやお正月の方が気合いがはいります。
あとは普段よりカボチャメニューが増えるぐらいです。



○ラジオネーム:由紀 (静岡県浜松市・26歳)

私は「その他」に投票しました。

部屋など飾り付けは全くしませんがかぼちゃを使ったメニューにしています。

最近、保育園でも「ハロウィン」をやっているのか?と思わせるような発言もするので
今年は飾り付けもしようかな‥なんて思ってます。



○ラジオネーム:やすぴ (福井県越前市)

「特に何もしません」に一票。
すぐにクリスマスの季節になってしまうので、毎年ハロウィンはスルーです。
その分、クリスマスの飾り付けなどに気合いをいれます。

ハロウィンは、仮装している人を見るだけでも、十分楽しんでます。



○ラジオネーム:さっちー (埼玉県新座市)

国民投票、特に何もする予定はありません…に投票しました。

特に何もしませんが、周りで盛り上がっているようで、近所のスーパーのレジの方が
全員ハロウィン仕様のカチューシャをつけてました。多分、会社の方針だと思いますが…

去年は、ジムにハロウィンの格好で行くとプレゼントがもらえるという
イベントもあったと聞きました。

もし、何かする機会があったらその時は楽しんでしたいなぁ、と
少しやってみたくなりました。



…沢山の投票ありがとうございました。

魂ラジはいつだってアナタのお便りをまってます!
メールはmasha@allnightnippon.com  まで。
メールをくれなきゃいたずらしちゃうぞ!!
投稿時間:2014-11-01 05:48:21
 
10月31日 小原信治の草の根広告社
『福山雅治のオールナイトニッポン・男性リスナーのあなたへ』
 
 人生で一度くらいは、同性に認められる仕事を成し遂げたい。
 そんな風に思うのが、男の子というものである。

 気がつけばちょうど20年前のことだ(と書いていても、その時間の本当の長さを実感できてはいないのだけれど)。1994年11月に、25歳だった僕が『福山雅治のオールナイトニッポン月曜一部』の構成作家として福山さんの前に坐り始めたとき、葉書やFAXをくれるリスナーの中に、男性は今ほど多くはなかった。
「同じ男に面白いと思われるラジオにしたいよね」
 当時のディレクターだった節丸さんとともに、明け方の居酒屋で何度もそんなことを話しながら、男性受けしそうなコーナーをたくさん考えた。
 
 2000年に『魂のラジオ』を始めた頃、福山さんやディレクターの神田さんと何度も話したのは、10代のリスナーに「30代になるのって楽しそうだな」と思って貰える番組にすることだった。当然、10代だった頃の「30代なんてつまらない、信用しない」と粋がっていた自分たちをイメージしてのことだ。

 あれから長い長い時が経ったのだろう。呼び掛ければ、女性リスナーとさほど変わらないくらいの男性リスナーがメールをくれる。「龍馬伝」以降は年上の男性も格段に増えた。そして、積極的な女性に比べて、普段はサイレントな男性リスナーが想像以上にいるのをここ数年、何かあるたびに実感している。

 最近で言えば、ドームツアーの後と、マニアックテレフォンの時だ。ドームで初めてライブを見て福山さんのプレミアムなギターにシンパシーを抱いた男性や、多種多様な仕事や趣味を持っている男性たちが聴いて下さっているんだなということに、メールを見るたびに驚かされたし、それは「同じ男に面白いと思わせるラジオにしたいよね」なんて言っていた25歳当時の僕の想像を遙かに越える未来だった。

「男性限定のライブを開催して欲しい」
 最初に男性からのそんな要望を見たのは、ステージ上でラジオっぽく葉書を紹介していた初期の「福山☆冬の大感謝祭」の頃だっただろうか。あの頃は、単なるパラレルワールドでの夢物語に過ぎないと思っていた「あなたの想い」が、14回目を迎えた今年の「冬の大感謝祭」で、現実のものとして動き出している。

『2014年12月23日、福山雅治、男性限定ライブ。』
 改めてこんな風に文字にするだけで、なんだかちょっと泣きそうになるのは、きっと僕だけじゃないはずだ。しかも、どうせやるからにはと、まさかの「日本音楽史上最大規模」での男性限定ライブなのだ。

 福山さんは、そんな夢物語のチケットを「魂ラジリスナー先行受付」というイベントにしてくれた。「不安だからさ」と口では言っているけれど、その裏側にはきっともうひとつ、ずっとずっと、ずっと自分のラジオを影ながら応援してくれた、いや、バカでエロな時間を共有し続けて来た、そしてギター1本での弾き語りを一生懸命聴き続けてくれた男性リスナーへの熱い熱い感謝の想いがあるのだ。たとえるなら、路上ライブの距離感のような。

 2014年12月23日。
 「同じ男に面白いと思われるラジオにしたいよね」とがむしゃらに企画を考えていた25歳の僕自身にも、この20年、どんな男性リスナーたちがラジオを聴いてくれていたのかを見せてあげたい。そして、ラジオを通じて出会ってきた男性リスナーたちと一緒に、パシフィコ横浜で心の底から叫んでみたい。
 かつて「福山雅治のオールナイトニッポン」を聴いてくれていた、男性リスナーたちにも、ぜひ同窓会気分で参加して欲しい。

 2014.12.23 福山雅治初の、そして、日本音楽史上最大の男性限定ライブ。
 チケットの魂ラジ先行受付は、いよいよ11月2日日曜午後17時までです!
  
小原信治
投稿時間:2014-10-31 02:04:16
 
10月29日 魂ラジレポート
12.23男性限定ライブ草の根プロモーション活動報告
先月から着々と全国で広がりを見せつつある、12.23「野郎夜」ライブ草の根プロモーション。
五大ドームライブを成功させた福山さんでさえ、チケットの売れ行きが不安だという男性限定ライブに関して、
全国各地で「俺がやらなきゃ誰がましゃを守るんだ」という、責任感の強いリスナーたちによる、
「草の根プロモーション」が展開されています。

今週届いたのは、こんな可愛い草の根報告でした。

◯ラジオネーム:ちーぼー(鹿児島県)
「こん野郎夜!私は鉛筆に『野郎夜』のことを書きまくり、わざと落としたりして先生やほかの男子たちに広げています!みんなは『へー福山ライブするんだー。』と言ってくれます。だからだれか1人でも行ってくれることをねがってます!」

このメールを送ってくれたのは12歳の女の子。
鉛筆に書く、というなんとも可愛らしいアイデアです。
大学の教員をしているというこちらの方は、こんな草の根活動をしてくれているようで…

◯ラジオネーム:会計先生(愛媛県)
「こん野郎夜!男性限定ライブ、微力ながら宣伝しておきました。私は大学で教員をやっておりまして、『12月23日に福山雅治さんの男性限定ライブが横浜であります!もし行くなら先生が会場で食べ物や飲み物を買ってあげよう!(事前申告、当日学生証を提示すること)』とプロモーションしました。さすがに成績をプレゼントできないですが(笑)」

F「え?どゆこと?(笑)」
S「『僕は行くから、誰か行く人がいたら、事前に申告しておいてもらえれば飲み物や食べ物を買ってあげるよ、会場で!』っていう。」
F「ありがとうございます!美味しいもの買ってあげる、っていいね。食べ物で誘うっていう(笑)」

さて、このように全国から皆さんの涙ぐましい活動報告が届いているんですが、
やってもらっているばかりでは申し訳ないということで、
先週、荘口さんが魂ラジを代表して制作に参加してくださったPR音源を、
プロモーションしてくれているリスナーに託しました。
今週は、そんな方々からの報告なんかも届いていました。

◯ラジオネーム:トモコ(埼玉県)
「初めまして。私は男子校で保健の先生をやっています。私が勤める埼玉県立浦和高校は生徒数1000人を越える男子校。福山ファンも多く、お昼の放送で『HUMAN』が流れるほど、熱いです。そんな放送部の生徒たちが『野郎夜プロモーション』の為、今週、荘口さんの声による野郎夜CMを流すスペシャル番組を作りました。内容は、浦高生が選んだ福山さんの好きな曲ランキングです。ランクインした曲は、『fighting pose』『HARD RAIN』『家族になろうよ』『桜坂』『HELLO』『心color〜a song for the wonderful world〜』。最後には『GAME』とともに応援団75期団長の西守くんによる、『野郎夜ライブ』成功に向けてのエールもありました。音源をお送りするので是非聴いてください。」

F「『HARD RAIN』がランキングに入ってくるあたりなかなかコアだねえ(笑)音源聴きたい!」

というわけで、ここで浦和高校の皆さんが作成してくれたお昼の放送の音源を流しました。

(お昼の放送)
「10月24日金曜日、これより本日のお昼の放送を始めます。本日のお昼の放送は、特別版となっております!突然ですが、皆さんは福山雅治さんをご存知でしょうか?福山さんは、1988年にデビューし、現在まで、俳優やシンガーソングライターなど、幅広い分野で活躍されています。」

F「これ、『ほんの5g』(福山さんの映画デビュー作品)から数えてるね(笑)
S「さすがですねこれ(笑)」


(お昼の放送)
「さて、本日の放送は、福山雅治スペシャルとなっております。福山さんのファンの浦高生たちに選んで頂いた、福山さんの曲メドレーです。…中略…続いて、本日の2曲目は、『福山☆冬の大感謝祭其の十四 男の、男による、男のための聖夜にして野郎夜!!』のテーマ曲でもある、『GAME』をワンコーラスでお送りします。」


そして、この『GAME』にのせて、応援団長をはじめとする福山さんのファンの高校生から、福山さんのライブの成功への応援エールもありました。

「頑張れ頑張れー!ま・さ・は・るーーーー!それーーーー!頑張れ頑張れまさはる、頑張れ頑張れまさはるーーー!!!!12月23日、俺たちの力で、男の、男による、男のための、聖夜にして…野郎夜〜!!!」

F「ハハハハハハハハハ!すごい!(笑)」
S「この高校、福山さんの母校でもなんでもないわけですよね?(笑)」
F「姉妹校で良いですよ、これ!すごいじゃない、浦高。ありがとう!これは嬉しいねえ。保健室の先生も、応援団長の西守先生もありがとうねえ。」
S「放送部の皆さんもねえ!」
F「これはね…ありがたい!ここまでやってくれるとはねえ。」


高校生による熱い、熱い応援メッセージに福山さんも大喜び。
浦和高校の皆さん、ありがとうございました(^^)


そして、先々週から会社で宣伝をしているというメールを送ってくれていたこちらの方からも、「草の根プロモーション」の報告が届きました。
もともとこの方は、「会社の忘年会の企画で、30人でバスを貸し切って行きます!」と参加表明をしてくれていたんですが…


◯ラジオネーム:たいし(神奈川県)
「ましゃ、こん聖闘士!!大ニュースがあります!何と目標の30人をはるかに超え、50人を集めることができました(笑)もうすでにバスの予約もしており、着々と準備をしています。当日は少々むさ苦しいですが50人参加しますんでよろしくお願いします!」

F「すごいね(笑)これもありがたいねえ!50人集まって記念写真とか撮って、送って頂きたいですね。」


たとえ草の根レベルの活動でも、あなたのその小さな努力が、「野郎夜」ライブを成功に導きます(^^)
引き続き、12.23男性限定ライブの草の根プロモーションをよろしくお願いします!

あなたの「野郎夜」ライブ草の根活動報告は、
masha@allnightnippon.com
まで。

それでは、次回の放送もお楽しみに♪
投稿時間:2014-10-29 17:29:51
 
10月28日 魂ラジレポート
発表します!性別限定ライブ限定グッズのアレコレ
魂ラジ史上初の試みとなる、ライブチケットのラジオリスナー先行受付。
昨日の魂ラジレポートでは、12月23日の男性限定「野郎夜」ライブ、そして12月24日の女性限定「しちゃわnight」ライブのチケットの先行受付にエントリーすべく、ラジオの前のリスナーのあなたと同じように焦るスタジオの様子をお届けしましたが…

今週、なんとまだ明るみに出ていなかった「性別限定ライブ」の限定グッズが、
福山さんの口から発表になりました!

実はリスナーの皆さんから、以前からこんなメールがたくさん届いていて…

◯ラジオネーム:ゼロ(東京都)
「こんHotel de Fukuyama!僕は12月23日の男性限定ライブでライブデビューしようと思っています。しかし、初めてなので不安なことがいっぱいです。1人で参加しても大丈夫なのでしょうか?ライブでのルールはありますか?そして、売っている商品の種類と値段を教えてください。どうか、よろしくお願いします。」

S「やっぱり17歳ですからね。お小遣いの事情とか、色々ありますから。」
F「そうだね。まあ、毎回Tシャツとか、タオルとか、そういう定番ものっていうのは売っています。それはまた随時発表していくんですけれども、今日は特別に、チケット先行受付も開始したということで、12月23日と24日のライブのグッズを発表してもいいですか?」
S「やっぱり何かあるんですね!」
F「あるんです!」

皆さんが気になって仕方がなかったであろう、性別限定ライブの限定グッズ。それは…

F「まずは23日の限定は、聖なる衣と書いて、『聖衣(タンクトップ)』!そしてもう1つは、聖なる紐と書いて、『聖紐(Tバック)』!男性用Tバックですよ。」
S「ついに開発されましたね!これ、聖なる衣と聖なる紐だけを着用したら完全に変態ですよね。」
F「それは、禁止です(笑)」
S「『グッズだけで身を固めてみた』っていうのはダメなんですか、これは(笑)」
F「それはあまりにも…聖なりすぎです(笑)」

男性限定ライブの限定グッズは、そう、タンクトップとTバックでした!
ライブに参加する際に、上半身は聖衣(タンクトップ)を着るのはOKだそうですが、「下半身に聖紐(Tバック)だけ…というのはダメですよ。禁止です。」と福山さん。

F「これ、売り場に書いておこうね(笑)『聖紐(Tバック)だけを着用してライブに参加することは禁止されております』って。」
S「『男だけだから別にいいっしょー!』っていうノリになってしまうかもしれないですもんね。」
F「聖衣(タンクトップ)は、アウターだけど、聖紐(Tバック)はインナーですから(笑)」

聖闘士のあなた!くれぐれも、聖紐(Tバック)をアウターとして着用するようなことのないようにお願いします(^^;)

そして!聖女のみなさんお待ちかねの12月24日の「しちゃわnight」ライブの限定グッズはというと…

F「発表します!聖なる衣と書いて、『聖衣(キャミソール)』!」
S「この商品化は、初めてですか?」
F「初めてです。そして更にもう1品。聖なる紐と書いて、『聖紐(Tバックパンツ)』!」
S「これは…女性の場合は、キャミソール&Tバックだけでの参戦はダメなんですか?」
F「見たいけど、禁止です(笑)」
S「それも書いておかないと、その格好で参戦される方がいるかもしれないですからね。」

さらに、福山さんから聖闘士・聖女のあなたに伝えたいことがあるようで…

F「あとね、これ、言っておきますけど、聖紐(Tバック)は決して振り回すものじゃないですからね。」
S「なるほどね。パンティーを振り回されても困るよと。」
F「そうそう。ライブの大きなうねりとしても、タオルとかそういうものを振り回して頂いた方がね。しかも、Tバックの色が黒だったりするから、よく見えないんだ!これはね、履くものです。」

福山さんのお願いには、みなさん応えてくださいね!!(笑)
さて、服装のお話でいえば、とある聖闘士からはこんなメールも届きました。

◯ラジオネーム:あかりん推し(神奈川県)
「23日の聖闘士ライブ当たりました。聖闘士の1人としてライブ盛り上げます。ましゃ兄に質問っす。聖闘士の服装は、革ジャンにリーゼントっすか??ましゃ兄のライブは、10周年アニバーサリーの横浜アリーナライブから、ほぼ毎年参加させてもらってます。」

F「もう当たったってことは、MEN’S BROS.だね。毎年参加してくれてるなんて、すごいじゃないですか。」
S「毎年来ているわりに、どの辺から『革ジャンにリーゼント』っていう要素を引き出してきたんでしょうか(笑)」
F「そんな指定はないですけれども、その格好でも全然良いですよ。なんか、いいですね、そういう男っぽい感じも。」

とここで、ある懐かしい思い出を思い出した福山さん。
昔、九州で行ったライブのことをお話ししてくれました。

F「でも懐かしいな、俺も1番最初に、長崎の方でTHE MODSのライブに行ったことがあるんですけれども…。もう、大先輩ですよ、九州のロックバンドのね。で、ロックバンドですから、やっぱりブラックジーンズにラバーソールのシューズを履いて、革ジャンを着てライブに行きましたね。」
S「で、リーゼント?」
F「まあ、リーゼントっていってもそんな髪が短いのでそこまでかっこいいリーゼントじゃないけれども、一生懸命髪をなでつけて、行きましたねえ。でも怖かったあ〜。あの頃、中学生でTHE MODSのライブに行った時は。どこにこんな不良がいたのか?っていうくらい、不良がたっぷり集まってるんですよ。」
S「一網打尽になるくらい、そこに不良達が入っているわけですもんね。」
F「よくこんなに集まるなっていうくらい、不良が集まってたからね。」

客席とステージで喧嘩がはじまったり、客席の中で喧嘩があったりと、
大暴れのライブにドキドキしながら中学生で参加していた福山さん。
今回の「野郎夜」ライブは、F「そんなことにはなりませんので大丈夫です」と念を押していました。聖闘士の皆さん、ご安心を(笑)


限定グッズの内容が大発表になった今週、さらにもうひとつのお知らせがありました。それは、福山さんのオフィシャルウェブサイトに男性限定のサイト「MEN’S BROS.」がオープンするということでした!

F「男性限定といながらも、誰でも見られるんです。でも一応、サイトの中身は男性限定の方に寄せて作っていこうかなと。これはもう見てのお楽しみなんですけれども。一応、僕の『MEN’S BROS.』用の動画もアップすることにしましたので。」
S「さすがですね!」
F「もうね、爆笑ですよ。何かをやっています。まあ、ある意味僕のネタで爆笑ネタと言えば、あれしかないかなということではあるんですけれども。そしてもう1つ、盛り上げ企画というものも考えていて。その名も…『男性限定LIVE 特別企画 男と言えば!!』」


特別企画への参加方法はこちら。

男性限定サイト『MEN’S BROS.』内でフリーダウンロード配信されている、男性限定ライブオリジナルTwitterアイコンを設定の上、Twitter上で「男と言えば!!」で始まる何かを、あなたのオリジナルイラストやマンガ、もしくはおもしろ写真とともに合わせてつぶやいてください。
文面に投稿ハッシュタグ「♯男と言えば」を付けるのを忘れないでくださいね。


気になるその特別サイト『MEN’S BROS.』ですが、既に昨日のお昼よりオープンしています。まずは福山さんのオフィシャルサイトから、是非チェックしてみてくださいね.

ラジオの前のあなた!一緒に男性限定ライブを盛り上げて、クリスマスイブイブのパシフィコ横浜を1万8000人の聖闘士で埋め尽くしましょう(^^)

明日は、全国で着実に広がりを見せている、『野郎夜ライブの草の根プロモーション』の活動報告をお届けします。お楽しみに♪
投稿時間:2014-10-28 20:54:21
 
10月27日 魂ラジレポート
ついにスタート!性別限定ライブチケット先行受付
F「おお〜始まった始まった!12.23『野郎夜』と12.24『しちゃわnight』のチケットの魂ラジ先行予約、ただいまスタート!!」

生放送でお送りした今週の放送。
番組の放送開始とともに、今年の12月23日と24日に行われる福山さんの性別限定ライブのチケットの「ラジオリスナー先行受付」がスタートしました!

申し込み方法は至って簡単。
『魂のラジオ』または『オールナイトニッポン』のホームページにアクセスし、
トップページにあるバナーをクリックすれば、チケットのエントリーページにジャンプできる、はずだったんですが…?

F「ちょっと重いね、これ!非常に重い!」
S「だから『サーバーを強化しておいて』ってあれほど言ってたのに!」
F「いや、強化してるんだよ?おっと!福山雅治オフィシャルウェブサイトにいったら、『アクセスが集中しているため、ページを表示できません』と表示!『しばらく経ってからアクセスし直してください』?!ちょっと待って、これ繋がらないじゃない、ほら〜!どうなっちゃってるのよこれ!」

回線が込み合い、なかなか繋がらないという事態に福山さん本人も大慌て。
ラジオを聴きながら、同じようにアクセスをしようと手に汗を握りながらトライしているリスナーを余計焦らせてしまいかねない慌てぶりです!


S「これひとつ確認したいんですけれども、『先着◯名』とかではないってことですよね?」
F「先着じゃないけど、やっぱり先着して欲しいねえ。」
S「いやいやいやいや!今せっかくリスナーの皆さんを落ち着かせようとしたのに(笑)なんでケツに鞭いれるようなこと言うんですか(笑)」
F「だって、繋がってないんだもん、ほら。『特設サイトはこちら』って…あれ、これどこ?!ほら、もう!」
S「これは、クリックしたら直接チケットを買えるのではなくて、チケットを買うためのエントリーをしているっていうわけですからね?ですから、ご本人も含めて皆さん慌ててらっしゃると思うんですけれども、『エントリーしてチケットゲット』ではなくて、『チケットのエントリーの申し込みができる』っていうわけですから。」

そうなんです。今回の性別限定ライブのチケットのラジオリスナー限定受付は、
11月2日(日)17時までの中で、1回エントリ―すればいいとのこと。
「今繋がらないからといって、焦らずに、時間をおいて挑戦してみてください」と、落ち着いた説明をする荘口さん。

一方の福山さんはというと…

F「あれ?そっちのパソコンは繋がってる?ああ!やっと繋がった…!そして、『次へ』と。」

放送中だということを忘れてしまったかのように、エントリーに夢中です。
それもそのはず、今回ラジオリスナーのチケット先行受付を開始したこのライブは、福山さん史上初の性別限定ライブ。そしてその規模はというと、日本音楽市場最大規模の1万8000人!女性はともかく、こんなに大勢の男性でライブ会場を埋め尽くすことができるのかという不安が消えないのです…!

そんな不安をかき消すべく(!)、今週は性別限定ライブにエントリーしましたというリスナーからの意気込みメールを募集しましたよ。
番組には男性・女性ともに、たくさんのメールが届きました。
魂ラジブログでは、福山さんが心配している「野郎夜」ライブを応援すべく、
聖闘士たちからのメールをご紹介します。


◯ラジオネーム:しゅん(山口県)
「こんチケット先行受付中!聖闘士男祭りエントリーしました!誰と行くかですが、12月には彼女がいる予定…焦ってます。しかし、23日は男祭りの予定…。はてさて。彼女の有無にも男祭り参加が関係しますが、当選してたらイッちゃいますよね(^^)」

◯ラジオネーム:まぁ坊(大阪府)
「こん野郎夜!僕は16歳、高校1年生のBROS.国民です。このたび、野郎夜ライブに参戦が決定しました。初めての1人旅を兼ねての参戦になります。母は、1人で知らない街で迷わないかなとか、最終の新幹線に乗り遅れないかなとか旅の心配をして、父は『福山のライブは18歳未満が1人で行って大丈夫なのか?』とわけの分からない心配をしています。1人きりでの参戦になりますが、楽しませて頂きます。」

このように遠方から参戦する聖闘士たちのメールがたくさん届き、この「まぁ坊」さんからのメールには、福山さんも思わず「大丈夫です!お父さん!」とコメントしていました(笑)

そして、このメールには続きがありました。
「P.S. ドラムをやっているので、山木さんのことも大好きです。いつもすごいと思います。」

F「ああ〜!それはね、いいねえ!まぁ坊はねえ、良いドラマーになるよ?山木さんのことが16歳でわかっているっていうのは、将来有望ですよ。」
S「しかも生ライブということでもちろん、『生』山木さんですよ。これは良い経験になるでしょう!」

福山雅治バンドの主要メンバーでもある、日本屈指のドラマー・山木秀夫さん。
男だらけの「野郎夜」ライブでのパフォーマンスにも注目です!

さて、男だらけのライブということで、10年ぶりに福山さんのライブに参加しようという方や、初めて参加する聖闘士たちもたくさんいるはず。
そんな中で、ある不安を抱えているリスナーからのメールが届いていました。


◯ラジオネーム:らっち(兵庫県)
「こん聖闘士!僕は姫路から1人で聖闘士ライブに参戦するのですが、少し不安なことがあります。それは、ライブのとき隣の人とどう接すればいいかです。せっかくの男子限定なので、周りの人とも仲良くなりたいと思っています。どうすれば、うまく隣の人とコミュニケーションが取れるでしょうか?是非、ましゃに教えて頂きたいです。よろしくお願いします!」

F「1人で来た場合は、隣の人に、『魂ラジですか?トーキング(福山さんがパーソナリティを務めている他局のラジオ番組)ですか?』って聞けばいいんですよ。」
S「そこでラジオの話ができれば、何か共通点が見つかるかもしれないですしね。」
F「そうそう。『魂ラジですか?トーキングですか?龍馬伝ですか?ガリレオですか?そして父になるですか?どれですか?』って。」
S「『どれですか?』はおかしいでしょう!(笑)」
F「ハハハハハ(笑)」

というわけで、1人で参戦する皆さん!とりあえず隣の人にラジオネタで話しかけてみましょう(^^)
そして、「1人で行くのはちょっと…」と悩んでいるそこのあなた!
会場に来れば、聖闘士たちが待っています。
早めにエントリーしておかないと、日頃の忙しさに紛れて、「エントリーし忘れた!」みたいなことになってしまうかもしれませんよ!

先行受付の方法はこちら。
10月25日午後11時30 分から11月2日の午後17時までの期間に、魂ラジ番組HP、及び、「オールナイトニッポン」のHPトップに現れるバナー(「魂のラジオ先行受付中!!」と書かれた画像)をクリックすると、先行受付フォームにアクセス出来ます。

まだの方は、是非早めにエントリーしてくださいね!!

明日は、今週の放送で発表になった、性別限定ライブ限定のグッズについてのアレコレについてレポートします。お楽しみに♪
投稿時間:2014-10-27 20:14:42
 
古い方へ
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.